家で鍛えてる自分の身体(筋肉)が通用するか知りたくて、マッスルゲートに出たら勝てた鉄鋼業職人とは!?

8月29日(日)、富山・とやま自遊館にて「マッスルゲート北陸」が行われた。本大会には、デビュー戦の選手が多く出場し、熱い戦いが繰り広げられた。今回は、メンズフィジークマスターズ172cm超級で優勝した志田照樹選手に15の質問に答えてもらった。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

▶優勝した志田照樹選手の大会写真はこちら!

メンズフィジークマスターズ172㎝超級優勝・志田照樹選手

トレーニングをはじめたきっかけ

中学から腕だけダンベルでしてたら、30歳ぐらいの時に「腕だけは良いよね!」と言われたのがきっかけ。

ボディコンテストにでたきっかけ

ホームトレーニーになって5年した頃に自分は何時も頑張ってるから、絞ればどの位になって、通用するのか見たかった。

なぜマッスルゲートに出場したのか

年の初めのジムにゴールドジムにビジターで行ったら、ロッカールームで「マッスルゲート出るんや!」って聞いてから。

学生時代にやっていたスポーツ

水泳、剣道、柔道、卓球、野球、バスケ

現在の職業

鉄鋼業全般

お仕事との両立

17時に仕事終わりで、大体20時から21時位にトレーニングする感じ。疲れを感じた日はオフにしたり、しなかったり。

ご家族の反応

頑張っとる!

普段のトレーニングメニュー

月胸、二頭 火脚四頭 水オフ 木背中、三頭 金肩 土脚尻、ハム 日オフ

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

朝起きてすぐ有酸素1時間、トレーニング後30分有酸素

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

やり始めの頃は、追い込む事なく終わってたら、心の声というか感覚が、”他の人はもっとやっている”と思うようになり、その感覚が無くなるまでやったら乗り越えれた。

トレーニングをしていて良かったこと

自信が付いた。病気しづらい。

トレーニングでこだわっていること

その部位を意識する事。怪我をしない事。ミッドレンジ、収縮、ストレッチ。

食事でこだわっていること

高タンパク低脂質、カーボロード。たまにチート。

コンテストに出て良かったこと

自分がどの程度か分かったし、改善点など気づけた。他のデカイ選手見て刺激になった。

今後の大会での目標

バルク、弱点強化、絞り。
マッスルゲート北陸特集

ピックアップ記事

関連記事一覧