「ウエイトトレーニングクラブをつくりたい」大学1年生ながらメンズフィジーク西日本学生王者の今後の挑戦

本多 虎之介選手の大学1年生とは思えない見事な筋肉美

西日本学生オープンボディビル.フィジーク選手権は学生大会初のオープン大会として9月5日福岡国際会議場メインホールにて、全国の学生を集め、ゲストには今一番勢いに乗る世界ジュニアフィジーク王者・穴見一佐選手を迎え盛大に開催された。学連に所属出来ない学生、院生、専門学校生、学連所属選手すべてに門戸を広げ上位には全日本学生大会出場権を与える大会である。

来年度はすでにさらなる強豪学連選手が西日本学生オープン選手権に名乗りを挙げており学生大会のアーノルドクラシック的な存在になりそうである。

西日本学生オープンボディビル2位は西日本学生オープンフィジーク優勝の本多虎之介選手(大阪学院大1年)。1年生とは思えないバルクと宇佐美一歩選手と瓜二つな姿で会場の注目を集めていた。彼は今回ナトリウムと水分制限したということで、大会途中から筋肉緊張感が持続出来ず、痙攣も起こしていたのが多少影響したかもしれない。そんな状況下にも関わらず優秀な成績を収めた池原選手に15の質問をした。

文・取材協力:三松年久(九州学生ボディビル連盟) 写真提供:fightersmuscleりゅう

【画像】本多 虎之介選手の大学1年生とは思えない見事な筋肉美

本多 虎之介

トレーニングをはじめたきっかけ

高校1年の時に太り過ぎて顧問や親にダイエットを勧められて、始めたのがきっかけです

大会にでたきっかけ

自分がどこまで通用するのか試したかったです

中学時代の部活

剣道

高校時代の部活

剣道

現在所属しているサークルや部活

無所属(ウェイトクラブ作りたい!)

学業との両立

今のところ順調です

ご家族の反応

自分のやりたい事思いっきりやれって全力で応援してくれてました

普段のトレーニングメニュー

今のところ月(肩 メイン)、火(胸 <ベンチのみ>、背中、肩 アップ程度)、水(胸)、木(背中、肩 アップ程度)、金(肩 メイン)、土曜(脚)、日(腕、肩 アップ程度)です

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

普段のトレーニングに加えて重量は維持しつつ朝に軽く有酸素運動してます

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

減量期の最後らへんになってくると精神的に辛くなって病みそうになりますが、周りの友達が応援してくれたお陰で辛い事も乗りこえる事が出来ました

トレーニングをしていて良かったこと

生活習慣がとても整いました、またトレーニングを通して健康への興味を持ち、三大栄養素を意識するようになりました

トレーニングでこだわっていること

トレーニング時は”一点集中で死ぬ気で追い込む”ことにこだわってます

食事でこだわっていること

減量期は決めたPFCをとり増量期は空腹時をつくらず、2、3時間おきに糖質を入れてます

大会に出て良かったこと

色んな選手達に出会えて、輪が広がったことです

今後の大会での目標

今年の西日本学生ボディビルは2位だったので来年こそは優勝して、全日本学生でもライバルに勝って表彰台にあがることです

次ページ:本多 虎之介選手の大学1年生とは思えない見事な筋肉美

大好評!筋トレビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧