運動経験“ゼロ”から日本一を掴んだ美ボディトレーナー【マッスル】

※時任選手の写真を見る

「今まで行ってきたことが実って嬉しい。やっと一番になることができたので諦めずに続けてきて良かったです」
そう満面の笑みで答えてくれたのは、12月5日(日)横浜・大さん橋ホールで開催された『Super Body Contest(SBC) FINAL』全12クラスの優勝者の中から総合グランプリを男女1名ずつ決める『Champion of The Show』に輝いた時任美帆選手。華麗なステージングでSBC ELEGANT (女子・30歳~39歳)クラスを制し、その勢いのまま念願の日本一を掴んだ。

【写真あり】時任美帆選手の優勝美ボディ写真4枚

時任選手がトレーニングを始めるきっかけはあるコンプレックスからだった。
「私は運動が苦手なことがずっとコンプレックスで、筋肉のない華奢な身体を変えて自信を付けたい。そう思ってトレーニングを始めました。最初はジム通いもなかなか続かず、何回も挫折を経験しましたが自分自身を成長させるきっかけになればと、ボディコンテスト出場を目標にトレーニングに励みました」

そこから約6年間のトレーニングを経て、30歳の時に初めてボディコンテスト出場を果たす。
「運動がとにかく苦手で、経験もなかったので甘いと思われるかもしれませんが初めは泣きそうなぐらいトレーニングが辛かったです。しかし、トレーニングをすることで自分に自信が持て心がとても強くなりました」

自身の経験を活かし、現在は初心者向けに運動習慣を付けてもらえるようにトレーニング指導を行うトレーナーに。
「今まで自分が経験したことを、お客様にお伝えすることで“ここまで変われる”というのを見て欲しい。そして、お客様のモチベーションになればいいな、そう思っています」

運動が苦手でも、経験がなくても“一歩踏み出しチャレンジする”ことで人生をより豊かにするきっかけになるかもしれない。そう周囲を勇気づける時任選手のこれからの活躍から目が離せない。

取材・文:FITNESSLOVE編集部 撮影:中原義史

次ページ:時任美帆選手の優勝美ボディ写真4枚

SBC関連記事はこちら

 

ピックアップ記事

関連記事一覧