ジャパンカップで2冠を達成した若きジム経営者

柿沼選手のボディビルでのポージング ※タップして写真をみる

初心者の大会登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各大会上位3位などがクオリファイを手にすることができる、11月27日(土)、28日(日)に新宿住友ビル三角広場にて開催となった『ゴールドジムジャパンカップ』。今回ここで紹介するのは、そのジャパンカップにおいて各カテゴリーとクラスにおいて優勝した、まさに‟日本チャンピオン”たちの素顔と、今大会に出るまでの苦悩や努力だ。本記事で紹介するのは、ボディビル65kg以下級、クラシックフィジーク168cm以下級で2冠を達成した柿沼奨真選手。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

柿沼奨真選手

優勝の感想

素直に嬉しいです。ここ数年はなかなか思うような結果が出せませんでした。そこで思いきって初めてのカテゴリー、階級に出場してどこまで通用するかの挑戦だったので勝つことが出来て良かったです。

ジャパンカップに出場した理由

夏にJBBFの大会に出たのですが振るわず、自分の中でもやり切っていない感覚があったので持ってる物を出し切るつもりで出場を決めました。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

今年は自分のジムをオープンしたりプライベートでも変化のある一年だったので想像よりも大変でした。その中でも夏の大会後の肩と膝のケガが大きく響きましたが、工夫をして乗り切ることが出来たので良かったです。

競技をすることで得られた変化

自分の身体や体調の変化など状態について敏感に感じ取れるようになりました。また闇雲にではなく意味を考えてトレーニングに臨むように変わりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

日中に父親の仕事を手伝い、夕方に自分のトレーナーとしての仕事を行っているスケジュールが週に何度かあるので合間の時間を見つけてトレーニングを行っています。

トレーニング、食事に対するこだわり

トレーニングは基本種目を中心としていますが、逆に大きなこだわりは無くその日の体調等に合わせて柔軟に変化をつけるようなスタイルにしています。なので食事もオフはオフらしく、ストレスフリーな内容です。減量中も極力その姿勢を崩さないよう進めていくようにしています。

今後の目標

近い目標としてボディビルでは元々出場していた70kg以下級で戦えるような身体づくりを、クラシックフィジークではバキュームを練習してジャパンオープンを目標にしていきたいです。将来的には75kg以下級のボディビルで勝負出来るようになれるといいなと思っています。

次ページではボディビルのポージング写真

木澤大祐選手関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧