筋トレも仕事もこなす”できる女性”。IT企業勤務のビキニ女王が筋肉美を披露【ゴールドジムジャパンカップ】

初心者のボディコンテスト登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各大会優勝者が集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が11月27日(土)、28日(日)に新宿住友ビル三角広場にて開催された。各カテゴリーとクラスにおいて優勝した‟日本チャンピオン”たちの素顔と、今大会に出るまでの苦悩や努力をご紹介していく。IT企業で働く長谷川優衣選手が「ビキニ35歳未満163㎝以下級」で優勝。仕事は残業もかなり多くハードなスケジュールをこなしステージではカッコいいポージングを披露した。そんな長谷川選手への7つの質問とカッコいい大会写真を公開する。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

バックポーズを含む大会写真

▶【画像】長谷川優衣選手

ゴールドジムジャパンカップ
ビキニ35歳未満163㎝以下級優勝
長谷川優衣選手

優勝の感想

今年初めての大会出場で「ジャパンカップ」という大きな舞台に立つことができて光栄です。また優勝という形で賞をもらうことができて大変うれしく思います。

出場理由

自分の実力を試したことと、大きなステージに立つことに慣れたかったからです。

ジャパンカップまでの道のり

初めての大会出場だったため、減量という辛つらさを改めて実感しました。特に仕事とトレーニング、減量との両立がとてもつらく、時間も限られ、栄養も枯渇する中でトレーニングをハードに続けることが非常に大変でありました。ただ、減量で徐々に身体が改善されていることを実感することで大会出場まで継続することができました。

競技をすることで得られた変化

日々の食生活などが規則正しくなったことと、大会出場に向けて継続して努力することで仕事に対する向き合い方も変わりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

基本的に平日に仕事があるため、夜21時以降もしくは朝7時の仕事前にトレーニングをしております。残業などもかなりあるため、トレーニングができない日もありますが気合いで両立しております!

トレーニングと食事のこだわり

時短飯を作るように心がけています。
味がおいしくないと減量が苦しくなるため、「シーズニング」を活用して味のバリエーションを変えております。

今後の目標

筋肉量がまだまだ足りないと実感したので、今後はより筋量アップを心がけていきたいです。

▶【画像】長谷川優衣選手

ピックアップ記事

関連記事一覧