最近よく耳にする減量食「沼」で日本一のレギンスの座を勝ち取った

初心者のボディコンテスト登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各大会優勝者が集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が11月27日(土)、28日(日)に新宿住友ビル三角広場にて開催された。各カテゴリーとクラスにおいて優勝した‟日本チャンピオン”たちの素顔と、今大会に出るまでの苦悩や努力をご紹介していく。ウーマンズレギンス158㎝以下級で優勝したのは、人材コンサルティング会社で働く鈴木花菜選手だ。鈴木選手は身長151㎝で小柄でありながらも、堂々たるポージングで抜群のプロポーションを披露し、レベルの高い闘いの中で見事優勝を勝ち取った。そんな鈴木選手の身体を作ったのは、最近よく耳にする「沼」という食事だった。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

バックポーズを含むトレーニング写真

▶【画像】鈴木花菜選手

ゴールドジムジャパンカップ
ウーマンズレギンス158㎝以下級優勝
鈴木花菜選手

優勝の感想

優勝できたのはいつもサポートしてくださる方々のおかげです! 心から感謝です! また、大変な状況の中、大会を開催してくださった関係者の皆様ありがとうございます。

出場理由

学生時代ずっと水泳·水球をやっていたこともあり、社会人になってからもジムに通っていました。当初は「ジムに行くこと」が目的でしたが、やるからには明確な目標を持ちたいと思い大会出場を決意しました!

ジャパンカップまでの道のり

ポージングに苦手意識があり自信がなかったのですが、幸運にも素晴らしいコーチと出会うことができ、基礎から指導してもらいました。まだまだ未熟ですが、以前より自信を持ってステージに立つことができました!

競技をすることで得られた変化

セルフマネジメント力が向上したと思います。トレーニングや食事によって自分の心と身体がどう変化するのか、敏感に感じるようなりました。これからさらにボディビルディングを追求していきたいです!

普段の仕事と行っている競技の両立について

仕事も競技も全力でやるからこそ、どちらもパフォーマンスアップすると考えています。

トレーニングと食事のこだわり

トレーニングには刺激を求めますが、食事は安定思考です(笑)。主食は「沼」でカレー味と味噌味をほぼ毎日交互に食べてます! 「沼」のおかげで無理なく減量でき、今回の結果にもつながったと思います。

今後の目標

今の自分を越える、そして結果としてビキニで優勝します!

▶【画像】鈴木花菜選手

ピックアップ記事

関連記事一覧