見事な筋肉美で優勝したスイーツ巡りが好きな男の”トレーニングと食事のメリハリ”がすごい

宮川選手の見事な逆三角形ボディ

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。今回ご紹介するのは、メンズフィジーク176cm以下級で優勝した宮川 玲選手。トレーニングと食事での考え方の違いにご注目!

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

【写真あり】バキバキ腹筋!宮川玲選手の見事な肉体美3枚

宮川 玲選手

優勝の感想

率直に嬉しいです。去年のジャパンカップで3位だったときに、次は絶対に勝つぞという気持ちでいたので、今年それが実現できて、本当に嬉しかったです。

ジャパンカップ出場の理由

去年出場し、3位だったのが非常に悔しくて、今年こそは優勝したいと思い、出場しました。また、景品が豪華だということも聞いていたので、それも出場の理由の1つになりました。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

減量に関しては、周りの方々のサポートもあり、ストレスを溜めることなく、楽しく減量できました。また、コロナ禍においても、ジムの運営を継続して頂いたゴールドジムのスタッフの皆様に、本当に感謝しております。

競技をすることで得られた変化

毎年自分の成長を感じることができ、トレーニングが以前より楽しくなりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

現在は、それほど忙しく仕事をしておらず、月に数回フリーのパーソナルトレーナーとして、トレーニング指導を行っている程度ですので、自分の満足のいくトレーニングをしっかりと追求して行っております。仕事と競技の両立は、その二つがお互いのストレスにならないようにバランスを取っていくことが大切だと思います。

トレーニング、食事に対するこだわり

トレーニングは、可能な限り身体に対してストレスを与えていくことが重要だと思います。反対に、食事(減量)は、なるべく精神的にストレスにならないように楽しく食事をしていくことが重要だと思います。

今後の目標

大会に関しては、来年のジャパンカップで連覇することが目標です。

【関連記事】ジャパンカップで2冠を達成した若きジム経営者

【写真あり】バキバキ腹筋!宮川玲選手の見事な肉体美3枚

ミスターパーフェクト!田代誠選手関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧