縦線入りの美腹筋で優勝「40代最後の年は燃え尽きるくらい何かに没頭し成し遂げたかった」

青山裕子選手

2021年12月5日(日)、東京・銀座ブロッサムでマッスルゲートファイナルが開催された。マッスルゲート2021年の締め括りということもあり、約290名の選手がエントリーし大きな話題を集める熱いステージを展開させた。ここでは、今年50歳を迎える前の40代最後の年に「燃え尽きるくらい何かに没頭し成し遂げたい」という想いからコンテストに出場し、人気急上昇中のカテゴリーで見事に優勝を果たした青山裕子選手に14の質問に答えてもらおう。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

▶【写真】バキバキ腹筋を持つ青山裕子選手

マッスルゲートFinal ウーマンズレギンス50歳以下の部優勝 青山裕子選手

トレーニングをはじめたきっかけ

コロナ禍で勤務先が休業、また仕事が減ったのを機に「自分の心身の健康を見直すチャンス」と思い真剣に筋力トレーニングを始めました。

マッスルゲートにでたきっかけ

私は今年50歳になります。最後の40代を燃え尽きるくらい何かに没頭し成し遂げたかったからです。また、家族全員が資格取得、定期テスト上位、中学受験合格を目指すなど目標を持っており、その頑張る姿に影響を受けたのもあります。

学生時代にやっていた部活・サークル

小学生から高校生まで水泳

現在の職業

スポーツジム勤務、認知予防運動指導

仕事との両立

時間を有効に使うため、出勤前、休憩時間にトレーニングをしています。

ご家族の反応

当初は「他の人にお母さんのお腹を見られるのは嫌だ」と子供達が反対していました(笑)。
今では「トレーニングしないと太るよ?」と声をかけてくれたり、主人はゆで卵や鶏肉料理を用意してくれるなど応援してくれています。

普段のトレーニングメニュー

ウォーキング30分、仕事オフ日筋トレ週2回、仕事ある日休憩時間に30分間の筋トレ週1~2回

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

背中とお尻を意識的に行いました。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

頑張りすぎて痛めたことです。その時は思いきって休みました。

トレーニングをしていて良かったこと

身体が引き締まってサイズダウンしたことです!

トレーニングでこだわっていること

心身のバランスを整えるためにヨガを意識的に取り入れています。

食事でこだわっていること

毎日芋類を摂取する。食事の制限をしすぎない。

コンテストに出て良かったこと

年齢を感じさせない若々しい方が多く、私も年を重ねても若く見られるように頑張ろうと、トレーニングに前向きになりました(笑)。

今後の大会での目標

ウーマンズレギンス身長別で優勝することです。(※今回のファイナルは2位でした)また、ジャパンカップに出場し入賞することです。

▶【写真】バキバキ腹筋を持つ青山裕子選手

《大好評記事》ダイエットビフォー&アフター

ピックアップ記事

関連記事一覧