「聴覚障害でも身体を鍛えて自信持てるようになった」筋トレの素晴らしさを伝えるフィットネスジムマネージャー

石川毅選手のバキバキに割れた腹筋

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。ここではクラシックフィジークカテゴリーに出場した石川毅選手をご紹介。「聴覚障害を持った人でもこうして、身体を鍛えて自分に自信を持てるようになったことを伝えたい」と大会出場を決意。そんな石川選手に9つの質問に答えてもらった。

【写真】石川毅選手のバキバキに割れた腹筋

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

石川毅選手

トレーニングをはじめたきっかけは?

20歳の頃、ヘルニアを発症し、それを予防する為に身体をバランスよく鍛える必要があると医師に言われたのがきっかけです。

なぜゴールドジムJAPAN CUPに出場したのですか?

私のような聴覚障害というハンデをもった人でもこうして、身体を鍛えて自分に自信持てるようになった事と人はいつからでも変われる事を証明したかったから

現在のご職業

フィットネスジムのマネージャー

普段のトレーニングメニュー

月曜日off
火曜日背中(懸垂、ラットプルダウン、ダンベルワンハンドロウ、シーデットロウ)
水曜日脚(スクワット、レッグプレス、レッグエクステンション、レッグカール)
木曜日腕(プリチャーカール、インクラインダンベルアームカール、コンセントリックカール、ダンベルオーバーヘッドプレス、ケーブルプレスダウン等)
金曜日胸(インクラインベンチプレス、インクラインダンベルプレス、ケーブルクロス、ディップス)
土曜日背中(ベントオーバーロウ、懸垂、ラットプルダウン等)
日曜日全身(ベンチプレス、デットリフト、スクワットなど)

トレーニングをしていて辛かったこととそれを乗り越えた方法

辛いと思った事はありません。普段は補聴器を付けてますが、トレーニング中は外してるので音のない世界ですが、自分の心臓の音、血の流れるような音が聞こえてきます。それを聞いて自分は生きてると思わせてくれる事が乗り越えられている事の一つなのかもしれません。

トレーニングをしていて良かったこと

ヘルニアの予防ができている事
ポジティブな思考になった事
頭の回転が良くなった事
寝つきが良くなった事
自分に自信を持てるようになった事

食事でこだわっていること

クリーンな食事を心がけています。

大会に出場してよかったこと

私でも周りの人々に感動を
与えられるようになった事

2022年の大会目標

JBBF東日本選手権/JBBFjapan open

【写真】石川毅選手のバキバキに割れた腹筋

トップ選手たちの筋肉フォトギャラリー

ピックアップ記事

関連記事一覧