腰痛に悩まされた人生MAX体重時代「この歳で痩せるなんて思わなかった」

平久江 知奈美

自慢のお尻を披露

2月26日(土)、兵庫県・西宮市民会館アミティホールにて『マッスルゲート関西新人戦』が行われた。昨年より『新人戦』が新設大会として開催され、今年は関東と関西で2大会が予定されている。関西での開催は初めてにも関わらず70名以上の選手がエントリーした。人生MAXの体重だったときに腰痛に悩まされたことがきっかけで筋トレを開始した平久江知奈選手が、ウーマンズレギンス新人の部163cm以下級で優勝。新人とは思えないきれいな身体を披露した。

【写真】自慢の美尻を披露

マッスルゲート関西新人戦
ウーマンズレギンス新人の部163㎝以下級 優勝
平久江 知奈美選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「3年前(2019年5月)、人生でMAX体重68kgを記録しました。体重が重く、運動もしていなかったため、極度の腰痛に悩まされ、腰痛改善のために週1で鍼に行くようになり、自重トレーニングのレッスンに通い始めたのがきっかけです。運動嫌いだったこともあり、この歳で痩せることはないだろうと諦めていました」

――いつからトレーニングを始めましたか?
「本格的な筋トレ(ウエイトトレーニング)は 2020年12月からです」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「週6 で分割法。ハムストリングス+お尻、四頭筋+お尻、胸・肩・三頭筋、背中と二頭筋、腕と腹筋
+予備調整 ・有酸素運動など」

――トレーニング中に意識していることを教えてください。
「どこに筋肉に効いているのか、ということを意識したいと常々思っていますが、まだその域に達していません。早く意識できるようになりたい」

――自慢の部位とそのトレーニングを教えてください。
「お尻。まだまだ理想の形には遠いですが、一番変わった部位の一つです。最近は女性から頻繁に、 お尻がめちゃくちゃ綺麗ですね、触りたい、と言ってもらえます。そんな時は、惜しげもなく、しっかり触ってもらっています。週1回30分のパーソナルトレーニングでの鬼の追い込みをしてもらうのと、スミスマシンスクワットレッグプレス、重量ありのブルガリアンスクワット、ヒップスラスト 他」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「自分がどんどん変わっていくことが実感でき、達成感を日々感じています。試着しなくても、ほぼ全ての洋服のS(もしくは XS) をかっこよく着れるようになりました。特に、マッスルゲートに出ようと決めてからの2カ月(出場は 今年1月に決めました)は、毎日全身全霊で生きているという感じで、自分がここまでできるんだ、という感動を覚えました」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「パーソナルトレーニングで追い込まれているときが辛いです。そのトレーニングが始まる前には、動悸が激しくなり、憂鬱でしかない。でも、そのトレーニングで結果が出ることは分かっているので、逃げるわけにはいかない、とただその時間をこなすことだけを考えています。それ以外で辛いことはなく、毎日 楽しくトレーニングしています」

――普段から食事なども工夫していますか?
「いかに自分を楽しませるか。食事制限はしっかりしていますが、食べることが作業になってほしくないので、美味しく、食事の時間が楽しみに思えるような献立づくりをしています。かといって、毎日時間をかけることもできないので、美味しい時短メニューは常に考えています」

――普段摂取しているサプリメントは?
シリマリン : 肝臓の解毒
乳酸菌:腸内環境改善のため
ビタミン類:野菜不足を補うため
クレアチン: 高強度のトレーニングの際に
グルタミン:筋肉の分解抑制
カルチニン:脂肪の燃焼
コエンザイムQ10: 疲労回復

――減量やバルクアップで意識していることは?
「減量中はとにかく、食物繊維(きのこ、海藻類)をたくさん摂って、食事の量を増して満足感を得るようにしています。バルクアップではできるだけ、脂肪をつけすぎないように、筋トレの前後にしっかりと炭水化物を入れています。脂質も取りません。格闘技系の有酸素運動が大好きなので、断腸の思いですが、徹底的に有酸素運動を断つ」

――大会に出場するようになって周囲の反応や反響はどのようなものでしたか?
「今回が初出場でしたが、ほぼ周りの方に伝えていなかったので、びっくりした、という反応が多かったです。ジムで話す方は多くはなかったのですが、大会を機に話しかけられることが多くなりました。概ね、好意的な反応でした。過去の私を知る人は、その変容ぶりに、ただただ驚いていました」

――お気に入りのトレーニングアイテム?
「尻トレ用のバンドは必須です」

――憧れている、目標にしている人はいますか?
「You TuberのRachel Miksさんのお尻」

――トレーニングや食事の参考になるものは?
「トレーニング:You Tube Rachel Miks
食事、他:山本義徳 筋トレ大学」

――次の目標を教えてください。
「マッスルゲートのビキニ部門での入賞です」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:ポージングを披露

ピックアップ記事

関連記事一覧