美ボディ新競技の65歳以下級で優勝、そこで披露した美しい背中

※クリックして千田美樹選手の写真を見る

2月26日(土)、兵庫県・西宮市民会館アミティホールにて「マッスルゲート関西新人戦」が行われた。昨年より『新人戦』が新設され、今年は関東と関西で2つの大会が開催された。関西では初開催だったにも関わらず70名以上の選手がエントリーし競い合った。ここでは、マッスルゲートの代名詞ともいえる「ウーマンズレギンス」の65歳以下の部と158㎝以下級で二冠を果たした千田美樹選手を紹介。千田選手がトレーニングを始めるまでの軌跡を伺うとともに、鍛え抜かれたキレイな背中のバックポーズ写真などを合わせて公開する。

【写真】まさに背中美人!65歳以下の部優勝の千田選手の美しいバックポーズ

マッスルゲート関西新人戦
ウーマンズレギンス 65歳以下の部&158㎝以下級 優勝
千田美樹選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「40代前半に、体脂肪30%超えてまずいなー、と思ってた頃に、筋トレをしている同世代の人に出会い始めました」

――いつからトレーニングを始めましたか?
「2016年1月からです」

――トレーニングはどのように行っていますか?
「可能なときは、週6日、脚→胸、肩→背中」

――トレーニング中に意識していることはありますか?
「姿勢、呼吸、筋肉の向き、体調」

――トレーニングをしていて良かったことは何ですか?
「仕事で煮詰まったり、嫌なことがあっても、気持ちの切り替えができること」

――普段から食事でこだわっていることなどはありますか?
「自炊するときは、昔ながらの製法で作られた調味料を使うこと」

――大会に出場するようになって周囲からの反響はありましたか?
「アウトラインが変わったと言われるようになりました」

――ずばり次の目標は?
「いくつになっても、トレーニングを楽しんでいきたいです」

取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介

次ページ:まさに背中美人!65歳以下の部優勝の千田選手の美しいバックポーズ

ピックアップ記事

関連記事一覧