美ボディ会社員がリベンジ!名古屋大会のモノキニビキニ部門で魅力的なポージングを披露

夏が一番似合う筋肉美を決めるボディコンテスト『SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)』の名古屋予選が5月29日(日)、愛知県・ウィルあいちで開催された。健康的な筋肉美を、モノキニビキニ着用で審査する「BEAUTY FITNESS MODEL(ビューティーフィットネスモデル)」部門の総合優勝に輝いたのは小山翔子選手(31)。前週の福岡大会では同クラスに初出場するも惜しくも2位。その悔しさをバネに身体をより綺麗に魅せるため、ポージングに磨きをかけ、見事リベンジを果たした。

【写真】小山翔子選手の魅力的なポージング

――優勝おめでとうございます。周囲からの反応はいかがでしたか?
「実は、一週間前に初出場した福岡大会で2位だったんです。その時は正直、大会出場が初めてだったので本戦に出ることが目標でした。しかし、2位が悔しすぎて……。公認講師の方からも『名古屋大会でリベンジできるよ』と言われ、一週間後に開催だったこの名古屋大会にエントリーしました。職場では、2位を獲ったことでも祝福の言葉を多くもらいましたが、『優勝狙ってリベンジに行ってくる!』っと宣言して、本当に優勝して帰ったので、みんなびっくりしていました。友人や家族からも、メッセージや祝福の言葉をたくさんいただきました。中には、私の活躍に刺激され、フルマラソンにトライする友人やジムに通い始めた友人が増え、私自身だけでなく、周りの人たちのライフスタイルが充実し、何かに挑戦するきっかけになっていたことに嬉しくなりました」

――小山選手がトレーニングを始めたきっかけを教えてください。
「2年前に膝をケガしてしまい、半月板を2/3失いました。リハビリ生活を終えてから、身体のバランスが悪くなり、筋肉もなく自分の理想とする身体でなくなってしまったことがきっかけです。そこから、トレーニングを始めて3カ月ぐらい経った頃に、友人からサマー・スタイル・アワードの大会に一緒に出場しないか?と誘われました。まず、サマー・スタイル・アワードという大会自体を全く知らなかったので、InstagramやYoutubeで検索しどんな大会か調べました。すると、出場している方達が輝いていたのが印象的で、私もトレーニングするなら目標を持ちたいと思い、今年の1月に出場を決めました」

――現在のトレーニングメニューを教えてください。
「ホテルコンサルティング会社のレストラン部署で働いているのですが、週4~5回出勤前に、背中や肩、ハムストリングやお尻を分けてトレーニングしています。筋肉がつきやすいため、大会2週間前からは軽い重量で刺激を与えるぐらいのトレーニングで調整していました」

――トレーニングや食事でこだわっていることはありますか?
「鍛えたい部位に集中することと、フォームは常に意識しています。トレーニング後のストレッチも大事にしています。また、飲食業で働いているので減量期間関係なく試食などで食べなければなりません。それも踏まえてカロリーコントロールしています。もともと大食いで、食べることが大好きなので、週に1日だけはチートデイを作り好きなものを食べ、それ以外はお肉、お魚、野菜メインで、タンパク質とビタミンは必ず摂るようにしています」

小山翔子選手――今回、優勝するために一番強化したことは?
「とにかくポージング!講師の方々との練習意外に、自分でレンタルスタジオを借りて規定ポーズの練習をしました。あとは、上半身がいかついため、上半身と下半身とのバランスが良くなるようにトレーニングしていました」

――これから筋トレを始めようと思っている方々へのアドバイスはありますか?
「すぐに身体を変えることは難しいです。まずは、継続すること。そして楽しみを見出すこと。私は、変化を知りたいし目で分かりたかったので、ジムに通い始めた頃の写真と今を必ず見比べるようにしています。別人?って思うぐらい違うので、面白いですよ(笑)。最初できなかったものができるようになったりして、自分の成長過程を楽しんでほしいです!トレーニングに慣れるまではキツかったですが、今は行かないとストレスになります。ジムに行った日は、心も身体もHAPPYです!」

――次の目標は?
「世の中の女性の憧れとなるような“美”を追求し、関わった周りの方々のライフスタイルに良い影響が与えられる存在になりたいです。個人的な目標としては、さらに上を目指し挑戦し続けていきたいです」

取材:FITNESSLOVE編集部 写真提供:サマースタイルアワード実行委員会

次ページ:小山翔子選手の魅力的なポージング

ピックアップ記事

関連記事一覧