スポーツジム勤務のビキニアスリートのこだわり「神経伝達や対象筋への負荷がかかっているのか」

森佳美選手近年、フィットネス人口の増加に伴い、ビキニフィットネスも競技人口を増やしている。ここでは、JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)主催大会のオールジャパン選手権で活躍する選手をクローズアップ。2019年オールジャパン選手権ビキニフィットネス35歳以上160cm以下級優勝など、数々の実績を残す森佳美選手に話を聞いた。

取材:FITNESS LOVE編集部 大会写真:中島康介

【写真】森佳美選手のバックポーズを含むポーズ写真

森佳美選手

ーートレーニングをはじめたきっかけを教えてください。
「スタジオレッスンのインストラクターにパーソナルトレーニングを誘われたからです」

ーー現在のトレーニングについてはいかがでしょうか。
「胸、背中、肩、脚の4分割です。神経伝達や対象筋に負荷がかかっているかを意識して行っています」

ーービキニフィットネスを選んだ理由はありますか?
「当時はフィットネスビキニしか知らなかったからです」

ーー好きなポージングはありますか?
「バックポーズです」

ーー今後について教えてください。
「今年の目標は去年より順位あげることです。今後の目標は毎年昨年の自分を超えられるようにすることです」

次ページ:森佳美選手のバックポーズを含むポーズ写真

ビキニアスリート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧