「スタジオレッスンまでの時間潰し」日本2位のビキニアスリートの筋トレのきっかけは意外なものだった

松木真美選手2021年ビキニフィットネスの最高峰『オールジャパン選手権』で2位となった松木真美選手。筋トレをはじめるきっかけは人それぞれ様々あるが、松木選手はスタジオレッスンまでの時間潰しがきっかけだったという。ビキニフィットネスで活躍する松木選手にトレーニングの分割やこだわりを聞いた。

取材:FITNESS LOVE編集部 大会写真:中島康介

【写真】松木真美選手のバックポーズを含むポーズ写真

松木真美選手

松木真美選手

トレーニング始める前

ーートレーニングをはじめたきっかけから教えてください。
「2015年に帰り道の途中にジムが新規オープンし、スタジオレッスンに通いたかったのでそこのジムの会員になりました。しかしインストラクターさんの事情でレッスン終了が続き、ジムに行く理由が無くなりそうだったので、筋トレを目的に変えました。それまで筋トレはスタジオレッスンまでの時間潰しでした」

ーーオールジャパン選手権2位の選手が時間潰しがきっかけでトレーニングをはじめたのは驚きでした。現在のトレーニングの分割はどのような感じですか?
「脚、背中、肩、胸/腹筋です」

松木真美選手

トレーニングは始めたが大会出場は考えていなかったころ

ーートレーニングでこだわっていることは何ですか?
「脚の裏から意識を始めて、そこから力を吸い上げる意識のまま全身に意識を向けつつ動かしたい筋肉を感じるようにしてからセットポジションに入るようにしています。個人的にとても集中できるので」

ーーなぜそのビキニフィットネスを選んだのでしょうか?
「BBJに出たときに、『ビキニの方がいいんじゃない?』と言われたのがきっかけです」

ーー出場団体についてはいかがですか?
「別の人にこのことを話したら、JBBFとNPCJ(当時)があるからどっちか出た方がいいと勧められて、開催日まで余裕のあるJBBFの北区オープンに出ました。『選んだ』かどうか問われると、そうではないかもしれません。大会があって、出られそうな日程だったのがたまたまJBBFでした」

ーー好きなポージングはありますか?
「どのポーズが好き、と考えたことがないのでありません」

ーー今年の目標を聞かせてください。
「IFBB世界マスターズ選手権の出場権獲得、出場です」

ーー今後の目標はいかがですか?
「世界マスターズ選手権で入賞したいです。あとアーノルドクラシックヨーロッパにも出たいです」

次ページ:松木真美選手のバックポーズを含むポーズ写真

コンテスト関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧