「感動と勇気を与える存在になれたら」ビキニ部門優勝のトレーナーが大会挑戦で伝えたい想い

磯本みなみ選手筋肉美・健康美を競い合うボディコンテスト『Super Body Contest(スーパーボディコンテスト)HYOGO03』が6月12日(日)、兵庫県・神戸ポートオアシスで開催された。SBC部門CHARMクラス (18歳~29歳)で優勝したのは、磯本みなみ選手(24)。「ボディコンテストに挑戦することで、感動と勇気を与えられる存在になりたい」と、シェイプされたボディを披露した。

【写真】磯本みなみ選手のシェイプされた美ボディ

――トレーニングを始めたきっかけは?
「食事制限だけでは理想とする体型を手に入れることが難しい、もっと締まりがあってメリハリある身体になりたいと思ったことがきっかけです。先輩トレーナーの吉川知奈選手が、前年度トレンド部門で日本一を獲得された姿を拝見して、感動と勇気をもらいました。私も大会に出場することで、自分をどこまで成長させられるのか挑戦してみたいという気持ちと、担当しているお客さまに感動と勇気を与える存在になれたらと思い、ボディコンテスト出場を決めました」

――現在の職業は?
「パーソナルトレーナーです。お客さまのご予約が空いたタイミングを活用して、トレーニングに励んでいます」

――トレーニングでこだわっているポイントは?
「伸張性収縮をいかに丁寧に、且つ負荷を逃さないかを意識して行っています。重さが扱えていたとしても、重量の恩恵を受けきれていなかったり、負荷を感じられていないと代償動作によって対象筋を成長させられなかったり、ケガのリスクが高まるからです」

磯本みなみ選手の趣味の料理――食事でのこだわりはありますか?
「なるべくナチュラルな食材を使うことです。加工食品やコンビニ食など添加物が多いものは取らず、自炊にて食事管理をして、身体作り以前に大切な“健康”がしっかり保てるようにしていました。おかげで、減量中も全く体調を崩さずに、大会当日を迎えることができました」

――優勝するために一番強化したことありますか。
「ポージングです。身体が仕上がっていたとしても、綺麗に魅せられないと意味がないと感じていました。出場したSBC部門で特に重視される肩幅やVシェイプをしっかりと魅せるために、三角筋や大円筋のマッスルコントロールを重視して練習しました」

――これから筋トレを始める方へのアドバイスをお願いします。
「トレーニングのタイミングや、取り入れ方に正解不正解はありません!一番大切なのは、“楽しむこと”です!トレーニングをしている自分が少しでも好きだと思える瞬間を増やして、身体作りに励んでいただけると、身体も心も健康になれます!」

――次の目標は?
「優勝させていただき周りの方からたくさんのお祝いの言葉をいただきました。次回出場予定の福岡大会(9月開催)では、今回獲ることができなかったオーバーオール優勝を達成することです」

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:Super Body Contest事務局、磯本みなみ

次ページ:磯本みなみ選手のシェイプされた美ボディ

ピックアップ記事

関連記事一覧