絶対王者の意思を継いだ長澤が深く掘られた腹筋とボリューミーな大胸筋と三角筋で大差をつけた

9月19日(月・祝)、神奈川県・茅ヶ崎市民会館で公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催『オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス2022』が行われた。昨年までは年齢別+身長別によるクラス分けで行われていたが今年からは、マスターズカテゴリー(35歳以上)と年齢分けをなくし、身長別カテゴリーで2日間にわたり開催された。メンズフィジーク172㎝以下級では、昨年本大会40歳未満172㎝超級で2位、グランドチャンピオンシップスでは5位に輝いた長澤秀樹選手が、当階級優勝候補筆頭だった昨年の王者・久野圭一選手らをおさえ念願の初優勝。スコア表でも2位以下と圧倒的な差をつけ、グランドチャンピオンシップスへの実力を見せる形となった。

【写真】腹筋、大胸筋、背中、肩など全てが美しい長澤選手の肉体

昨年はスポルテックカップ2022メンズフィジークで3位に浮上、その後オールジャパンフィットネスチャンピオンシップスでは2位、グランドチャンピオンシップスでは5位と、着実に結果を出してきた。メンズフィジーク界の新鋭とも言える長澤の強みはバランス、特に身体前面部のアウトラインと筋肉の充実度(パーツの完成度)に思える。昨年もそれらが良く感じたが、今年はさらに強化した部位があったという。雑誌『IRONMAN』の10月号のインタビューでは、今年惜しくもJBBFから退会した日本メンズフィジーク界の絶対王者・寺島遼選手からメンズフィジークで重要な三角筋のトレーニングについてや、様々な他種目についてアドバイスを受け、実践してきたと回答。その結果が今年の初戦となった今大会で顕著に表れたように見えた。全てが昨年から発達したと言えるが、ミッドセクションと三角筋、大胸筋上部などのボリューム感が増していた。
メンズフィジーク界新鋭の一人である長澤選手が、グランドチャンピオンシップスで各階級の王者たちと並び、どのような評価を受けるのか。絶対王者の意思を継いだ男の大舞台での結果に注目だ。

◆メンズフィジーク172㎝以下級 結果
優勝 長澤秀樹/2位 上松康一郎/3位 久野圭一/4位 増原 駿/5位 佐村直紀/6位 原屋 翔

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

関連記事☟

ピックアップ記事

関連記事一覧