【IFBB結果&写真】金2個、銀3個、銅3個、ボディビルなど日本選手団大活躍!=11.2-7 IFBB世界ボディビル選手権

世界選手権11月2日~7日でスペイン・サンタスサンナで開催された『IFBB世界ボディビル選手権』で日本代表24名が派遣され、金2個、銀3個、銅3個のメダルを持ち帰った。昨年は金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル1個、すべてマスターズでのメダル獲得。今年はマスターズだけでなく、一般の部でも2個のメダルを獲得しており、昨年より大きな活躍をみせたといえる。

【写真】日本代表全選手の世界大会でのポージング

最も多くのメダルを獲得したのはメンズフィジークカテゴリー。田村宜丈選手がマスターズ50歳以上級で金メダル、一般の部170cm以下級で銀メダルと2つのメダル。大島健一郎選手は世界大会初出場ながらマスターズ40~44歳級で金メダル。関口貴夫選手も同じく世界選手権初出場ながらマスターズ45~49歳級で銅メダルを獲得し、マスターズ勢が大活躍をみせ4個のメダルを獲得した。メンズフィジークの日本王者の伊吹主税選手は一般の部173cm以下級5位と惜しくも表彰台に届かなかった。日本のメンズフィジークは世界選手権で例年も活躍をみせており、今年もしっかりと日本選手団が結果を残した。

ボディビルでは、加藤直之選手がマスターズ40~44歳70kg以下級で銀メダル。同階級で岡田隆選手が銅メダルに輝いた。日本王者の相澤隼人選手は現地でのPCRで新型コロナウイルス感染症陽性反応が確認されたため、欠場。初の世界選手権に期待がかかっていただけに悔やまれる結果となった。

クラシックフィジークでは一般の部168cm以下級で徳岡優生選手が初出場ながら銀メダルに輝いた。日本代表初の本競技でのメダル獲得。本競技は、2021年度からJBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)主催大会で開始され、国際派遣もされるようになった競技で、2年目にして銀メダル獲得は今後の本競技のさらなる盛り上がりが期待される結果となっただろう。

他には、クラシックボディビルマスターズ50歳以上級で井上裕章選手が銅メダル。10月に行われた日本代表女子が出場した『IFBB世界フィットネス選手権』に続き、日本選手団が活躍を果たした。

【日本選手団の結果】
・男子ボディビルマスターズゲームスクラシック 45 歳以上 井上裕章 4位
・男子ボディビルゲームスクラシック 175cm 以下 五味原領 6 位 渡部工兵 7位
・男子ボディビルゲームスクラシック 175cm 以上 佐藤悠介
・男子ボディビルマスターズクラシック 50 歳以上 井上裕章 3 位
・男子ボディビルクラシック 168cm 以下 渡部工兵 8 位 徳岡優生 9 位
・男子ボディビルクラシック 171cm 以下 五味原領 7 位 井上裕章 8 位
・男子ボディビルクラシック 175cm 以下 小澤亮平 6 位
・男子ボディビルクラシック 180cm 以上 白井寛人 10 位
・ボディビルマスターズ 60 才以上 角田信朗 5位 金澤利翼 12 位
・ボディビルマスターズ 50-54 才 80kg 以下 井上裕章 6位
・男子ボディビルマスターズ 40~44 歳 70kg 以下 加藤直之 2位 岡田隆 3位
・男子ボディビル 65kg 石井輝男 9位
・男子ボディビル 70kg 加藤直之 7位
・男子ボディビル 75kg 佐藤悠介 13 位 ※相澤隼人 欠場
・クラシックフィジーク 168cm 以下 徳岡優生 2位
・クラシックフィジーク 171cm 以下 五味原領 6位
・クラシックフィジーク 180cm 以下 佐藤悠介 11 位
・クラシックフィジーク 180cm 超 白井寛人 11 位
・メンズフィジークマスターズ 50 歳以上 田村宜丈 1 位
・メンズフィジークマスターズ 45~49 歳 関口貴夫 3位
・メンズフィジークマスターズ 40~44 歳 大島健一郎 1位
・メンズフィジークマスターズオーバオール 大島健一郎 2位 田村宜丈 3位
・メンズフィジーク 170cm 以下 田村宜丈 2位 木村拳太 4位
・メンズフィジーク 173cm 以下 川中健介 4位 伊吹主税 5位 長澤秀樹 6位 山本晴也 9位
・メンズフィジーク 176cm 以下 大島健一郎 5 位 穴見一佐 7 位
・メンズフィジーク 182cm 以上 直野賀優 16 位
・マスキュラーフィジーク 福原俊介 12 位

文:FITNESS LOVE編集部 撮影:Igor & Jakub

次ページ:日本代表全選手の世界大会でのポーズ写真

ピックアップ記事

関連記事一覧