45kg減に成功のゆりやんレトリィバァがダイエットの師匠・岡部友とスペシャル対談『トレーニングで人生が変わった』

美尻トレーナー・岡部友さん指導の下、大幅な減量に成功したお笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん。
“自分のためにやる”という岡部さんからの言葉の本来の意味を理解してから、身体も人生も大きく変わっていったそう。また、現在では岡部さんが監修する美尻スタジオトレーニング・プログラム「パワーヒップネス」のインストラクター資格も取得し、師匠・岡部さんと各地でイベントを開催し自身の経験を伝え続けている。ここでは二人の出会いから、減量に成功するまでの軌跡をたっぷりと辿っていこう──。

取材・文:宮部史 撮影:中原義史

※写真をタップしてみる

──最近はお2人で「パワーヒップネス」のイベントを行ったり、一緒に活躍されることも多いですが、そもそもの出会いは?
ゆりやん 初めてお会いしたのは、「ドSトレーニング」(2019年3月1日放送)というフジテレビの番組です。3名のトレーナーさんにそれぞれ芸能人がついて、3カ月でどれくらい身体を変えられるかという企画で、たまたま私の担当に友さんがついてくださったんです。
──ああ、ありましたね! AYAさん、安井友梨さん、岡部さんの3名がトレーナーをした番組ですね。
ゆりやん 友さんが担当になったのは偶然ですが、今思えばマジでめっちゃラッキーでした! それまでもダイエット番組には何度か出させてもらってたんですけど、「○○だけ食べる」といった極端なものばかりで。痩せるんですけど終わったらリセットされて、また食べちゃってリバンドして、というのを繰り返してたんです。さすがに続けるのは身体に悪いので、基本的にお断りしてたんですけど、「ドSトレーニング」は運動がメインだし健康的な感じがしたので、これを最後にしようと思ってお願いしたんですよ。
岡部 ここで体重が94㎏から84㎏に減ったんだよね。だけど、この企画の段階ではまだトレーニングスイッチは入っていなかった。ゆりやんのストーリー(インスタグラムの)とか見てたら、芸人の先輩とケーキを食べに行ったりしてて。
ゆりやん 食事管理を最初から結構厳しくやると聞いて、「あさって先輩とごはんの約束があるんですけど」って友さんに言ったら「まずはそれを断ろっか」って言われて、えーー!って(苦笑)。企画が始まった当初は、全然スイッチが入っていませんでした。
岡部 ゆりやんに「これ食べてね」って食事を一式、段ボールで送ったりもしたんですけど、当時はなんでそれを食べる必要があるのか、分かっていないレベルだったよね。
ゆりやん そうですね。あの時はこんなガチガチにやらなくても……っと思っていました。友さんによく「番組のためじゃなくて自分のためにやるんだよ」って言われていたんですけど、それも意味が分かってなかったです。
岡部 ゆりやん、筋トレって私とやったのが初めてだった?
ゆりやん はい、ちゃんと教えてもらったのは初めてでした。運動自体は昔から好きなので、ジムも登録だけはしてたんですけど、マシンの使い方が分からなくて。有酸素がメインでしたね。だから筋トレを始めたばかりのころは、めっちゃしんどかったです。
 番組が終わってからも友さんとは仲良くさせてもらって、SPICE UP FITNESS(以下スパイス)にも入会したんですけど、最初は数回行ったくらいでトレーニングは続かなかったんですよ。でも、あるとき全身タイツを着る仕事があって、トレーニングでせっかく丸くなっていたお尻が真っすぐに戻ってしまっていることに気付いて。しかも放送が終わってからリバウンドしちゃって、結局10㎏も戻っちゃったんですよね。でも、そのころ好きな人ができまして、自力で不健康なダイエットをして10㎏戻したんです。でも結局振られちゃって、また12~13㎏ほど増えちゃって。それで、こんなんじゃさすがにあかんな……と思って、友さんに相談しました。それが2019年の11月です。

次ページ:渡米して決意したこと

関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧