山口県が誇る生活を支える港、徳山下松港100周年【ミス日本便り】

徳山下松港100周年2022ミス日本「海の日」の属安紀奈の地元、山口県周南市にある徳山下松港。この港が100周年を向かることを記念して、2日間に渡り盛大にセレモニーが行われました。

【写真】山口・徳山下松港100周年セレモニーの様子徳山下松港には帆船「日本丸」「海王丸」「みらいへ」の3隻が一同に集い、夜のライトアップや船内見学、体験航海、そして帆を張ったり仕舞ったりするセイルドリルなど、参加型のイベントが数多く行われました。属は案内役として上記イベントの他にもステージ企画にも登場。クイズ大会や餅まき、写真撮影、安全PRを行うとともに、新聞社やテレビの取材にも対応。海の街徳山の魅力を発信してまいりました。「地元を知り尽くしたタレント」を目指す属にとって、いままでの学びや経験を活かしつつ、記念すべき日を心に残すためにも、この上ない2日間となりました。

文・写真提供:一般社団法人ミス日本協会


ミス日本コンテストは、日本人らしい美しさを備えた女性を育成・輩出し、より良い社会を築くことを目指しています。1950年に第1回が開催されており、日本で最も歴史と伝統のあるコンテストです。審査では外見に加えて、教養などの内面や、将来の目標への努力といった行動を重視しています。大会の特徴として、出場するファイナリストたちには日本の歴史や道徳、浮世絵やお能といった文化、メイクやスピーチなどを始めとする30講座にも及ぶ勉強会が提供されており、育成の性格を持ったコンテストとして知られています。ミス日本出身者からはこれまで文化、芸術、学問、ビジネス、政治、アナウンサーや女優、モデルなど様々な分野で活躍する女性を多く輩出しており、受賞者それぞれが願う分野で活躍しています。
公式サイトはこちら https://www.missnippon.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧