【新刊情報】Fight&Life Vol.80は8月24日発売。[ロングインタビュー 皇治という生き方。「悪役か主役か」]

Fight&Life編集部よりお知らせ
『Fight&Life Vol.80(8月24日発売)』の表紙はこちら。

ロングインタビュー
皇治という生き方。「悪役か主役か」

K-1との契約を破棄してRIZIN参戦を発表すると、8月9日の『RIZIN.22』ではさっそく那須川天心を挑発。
不敵な笑みに野心家と策略家、二つの顔がのぞく。賛否両論を巻き起こしながら突き進む男の生き方とは?


那須川天心進化への道~天心が行く 第2弾 藤原敏男
那須川天心×藤原敏男
キックの“天才”と“神様”が再会

現在40戦無敗、RISE世界フェザー級王者・那須川天心が格闘家を訪問する企画の第二弾。
今回は、外国人として初めてムエタイの頂点ラジャダムナン王者となった“キックの神様”藤原敏男に登場していただき、古き良き時代の練習方法、試合などをお聞きしながら天心スタイルを分析していく。


第3代RIZINバンタム級王者 朝倉 海
「もっと上を目指す。世界一を目指しているのでまだまだです」

マネル・ケイプに2R TKOで敗れた大晦日から見事な復活を果たし、RIZINバンタム級王者となった朝倉海。
その裏には敗戦と向き合うことで自身の弱点をあぶり出し、成長に繋げた7ヶ月の月日があった。己をよく知り、考え、繰り返す——海が説く“強さの作り方”。そして、そんな海を引き込んだ格闘技の魅力、「まだスタート地点」と話す今後についても聞いた。


ニッポン女子MMAの未来対談
浅倉カンナ×平田 樹 「オーラが違う」「あざ可愛い♥」

浅倉カンナ22歳、MMA戦績17勝4敗
平田樹20歳、MMA戦績3勝0敗
学年の差は2歳でも、積んできたキャリアも戦う舞台も違う。2人の共通点はただ1つ──日本の女子MMA界の明るい未来ということだ。


没後20年メモリアルグラフ
アンディ・フグ 「ネバーギブアップ」
サムライスピリットを体現し日本人に愛された格闘家

2000年8月24日、急性白血病により35歳の若さでこの世を去ったアンディ・フグ。
あれから20年の月日が経過したが、多くのファンの心にはアンディの記憶が焼き付いて離れない。極真空手からK-1に転向、得意のカカト落としで一世を風靡しK-1ブームの火付け役となって老若男女問わず多くの日本人の心を打った。アンディはなぜ日本人に愛されていたのか?今一度、その偉大なる足跡を振り返ってみよう。


ピックアップ記事

関連記事一覧