5.16RISE王座に王手!AKARI「エリカ先生が巻いていたベルトを巻く」

5月16日(日)無観客で開催される『RISE on ABEMA』で寺山日葵(TEAM TEPPEN)が保持するRISEQUEENミニフライ級王座に挑戦するAKARI(TARGET)。試合前にはSNSで対戦相手を挑発し、8頭身のJKファイターとして注目されるなど、一見、色物ファイターと思われがちだが、女子キック界に伝説を築いた神村エリカが手塩にかけて育てただけに7戦全勝の実力派だ。2021年注目のRISEファイター。

取材・写真:安村 発

──今回ファイト&ライフ初登場になります。
AKARI 私、ずっとファイト&ライフに載るのが夢だったのでめちゃくちゃ嬉しいです(笑)
──そうだったんですね。格闘技を始めたきっかけから教えて下さい。
AKARI 元々、平本蓮君の弟の丈君と幼なじみで、彼が足立区にあったK‒RIVER(今は閉鎖)というキックのジムに通っていたので私も年長から通うようになりました。
──K‒RIVERといえば、那須川天心選手、平本蓮選手がジュニア時代に通っていた伝説のジムではないですか! ご両親は愛娘が格闘技を始めることに反対しなかったのですか?
AKARI 反対は特になかったですね。元々、母も若い頃に和道会で空手をやっていて全日本大会で活躍して日本代表にも選ばれていたそうです。母がやっていたから私も始めたというわけではないのですが、そういう血筋かもしれませんね。
──その後、なぜTARGETへ通うように?

AKARI

AKARI 小学校に進学後、たまたまディファ有明(今は閉鎖)で開催された興行に行ったところ(神村)エリカ先生がタイトルマッチ(2010年11月14日ナムワン・シッヂャンチャイ戦)で1RKO勝ちしていて「えっ、女子選手でこんな倒せる選手っているんだ!? この選手のジムに行きたい!」と思って、すぐに母に電話して調べてもらってTARGETへ行くことにしました。
──TARGETに入会してからはずっと神村さんから指導を?
AKARI そうですね。エリカ先生はまだ現役でしたが、ずっと見てもらっています。小さい時は指導が厳しく怖いイメージしかなかったのですが、エリカ先生は自分のことでいっぱいいっぱいなのにAKARIのことをいつもちゃんと見てくれていました。
──指導が怖くなるのはどういう時なんですか?
AKARI ちゃんと指導された通りにやっていなかった時や集中してやっていなかった時に怒鳴られたり、途中で帰らされたこともありました。
──怒られた後に、優しくケアしてくれる時もあったのでしょうか。
AKARI そうですね。怒るのはそれなりの理由があったので、私の方から謝りに行って、そこで会話してなぜ怒られたのかを考えさせられました。今思えば、自分で考える力はそうやって身に付いたのかなと思います。小さい時はエリカ先生が言うことに「はい」としか言えなかったのですが、中学2、3年になってようやくこちらからも意見を言えるようになりました。
──どうしてそこで自分の意見を言えるようになったのですか?
AKARI プロになるかならないかの話になった時に、自分の主張をしていかないといけないなと自分でも思いました。その前に中学1年ぐらいの時に1年間ぐらいキックを辞めた時期があって、エリカ先生が「最近どうしているの?」と声を掛けていただいてプライベートでも話を聞いてくれていたので、それもあってちゃんとコミュニケーションを取れるようになりました。
──意外にも一時離れていた時期があったんですね。
AKARI 中学に進学して新しい友達ができて、ただ遊びたかったんです(笑)。始める時も辞める時もエリカ先生は二つ返事で「わかった」と。もう練習でやる気のない感じが出ていたのか、エリカ先生から「何をしたいの?」と言われて、「遊びたいです」と伝えたら「遊びたいなら遊びなよ」と。
──練習の厳しさで辞めようと思ったことはありました?
AKARI 練習はきつくてヤバい、死ぬと思うことは多々ありますが、やりたくてやっているのは自分ですし、辞めたいと思ったことは一度もないですね。でも辞めている間はキックを離れていることに何とも思っていなかったのですが、1年近く経つと遊んでいる時に「これが本当に私がやりたかったことなのかな?」と考えるようになりました。やはりキックをやりたいと思って、もう1度エリカ先生にお願いして「やるならちゃんとやりなよ」と言われて練習を再開しました。
──アマチュアでは何戦ぐらいやりました?
AKARI 40戦ぐらいやって勝ち負けは半々ぐらい。小さい時は男の子とばかりやっていてそれを負けた理由にするのは悔しいですけど、女の子とやるようになってからは後にプロで活躍するKOKOZちゃんにダウンを取られて負けたぐらいです。あと、今活躍している白幡裕星君、品川朝陽君、永井天馬君と試合をしていて、天馬君には鼻血を出させて勝っていますが、それ以外にはボコボコにされて負けています。
──プロ格闘家としてやっていこうと意識したのはいつでした?
AKARI 小さい頃はなりたいなと思っていたぐらいで、確実にやりたいと決めたのは中学校3年ぐらいでした。エリカ先生とご飯に行って「プロでやるの? やらないの?」と聞かれて、「やってみたい気持ちもあるけど、怖い気持ちもあります」と。エリカ先生は現役時代の練習の苦しかったことや精神面、ケガの話をしてくれて、「それでもやりたいと思うならやればいいじゃん」と言われて「やります」と答えました。「やるのね、私は反対したからね」とは言われました(笑)。やると決めたからには、先生は熱心に練習を見てくれますし、何から何までやってもらえるのでもう頭が上がりません。
──プロになってからは現役時代の神村さんの映像を見てファイトスタイルを意識したことはありました?
AKARI ああいう戦い方をしたいとは思うのですが、私にはないものをエリカ先生は持っていますし、本当はやりたいけどそれができるかできないかと言われたら、私にとっては難しいスタイルなんです。圧倒的にパワーの差はありますし、1R目から打ち合いに行き、倒すスタイルはエリカ先生しかできないなと。エリカ先生は「AKARIの良いところを伸ばしてあげたい」と言っていて、無理に自分のファイトスタイルを押し付けることはありません。
──神村さんがAKARI選手の良いところを伸ばそうとしているのはどういう部分ですか?
AKARI エリカ先生は近距離で戦うファイトスタイルで、今の私のファイトスタイルとは全然違います。私の基本的なベースは長い距離で戦って近距離には入らないスタイルなのでその部分です。それをプロ5戦目でのユリカ戦から徹底的にやり始めています。エリカ先生と同じオーソドックスなので、エリカ先生が得意の左フックを打ちたいと思って練習はしているのですが、私はストレート系のパンチが得意ですし、得意なことを伸ばして不得意なことはある程度できるようにしています。
──ジムの先輩などから指導を受けることも多いと思いますが、神村さんの指導は一番何が違いますか?
AKARI 試合が決まった瞬間から一緒に対策を練ってくれて、エリカ先生は相手の動きを真似してくれて、試合映像の時よりもレベルアップしてくるだろうからこんな感じで動いてくると予測した動きを対人練習でしてくれます。スパーリングでは試合さながらにやってくれるので、こんなにやってくれる人は他にいないんじゃないかなと。練習では、この攻撃が来たらこの攻撃を返すといった反復練習をしているので実際にその技が来ても目慣れしていてビックリすることはなくなりました。
──3月のトーナメントでは1日2試合をクリアーして寺山日葵選手が保持するタイトルへの挑戦権を獲得しました。寺山選手についてはどのような印象がありますか?
AKARI 選手としては上手いし試合を重ねるごとに穴がなくなっているので、今のうちに潰しておこうかなと。

【関連記事】
▶RISE次期エース候補対談 天心を超えろ!白鳥大珠×寺山日葵

武道・格闘技関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧