仙骨周辺をほぐすトレーニング<1日5分!>老廃物を“溜めない”カラダづくり

トレーニングを行うことで代謝が上がり、それによって不要となる体内の老廃物も生み出されます。トレーニングの効果を高めるためにはそうした老廃物を溜めることなく、排出できる体づくりも大切となってきます。

日々、プロテインを飲む人は特に腸に負担がかかってしまうため、デトックスすることともに、意識してほしいことを、前回の記事ではお話をしました。

↓まずは、前回の記事からご覧ください。↓

 

今回は骨盤周辺、骨盤をほぐし、ウエスト周りにアプローチしより循環できるカラダを目指します。

生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中邦交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス ButterflyLifeを立ち上げ、現在遺伝子学を取り入れた予防美容メソッドのセミナー・研修会を全国で開催。講師として1万人以上のセミナー実績がある。

 

仙骨周辺をほぐすトレーニング

もともとしっぽがあった箇所の近い場所にある仙骨。
ここが硬くなると骨盤も動かなくなってしまうので、寝転がってテレビを見るなどしながら気軽にこのトレーニングを行うことで仙骨周辺をほぐしていく。
ウェストを絞れるのでシェイプアップ効果もある。

①膝を立て、手を開いて寝転ぶ。

②右脚を左脚の上にか け、太ももと太ももがピッタリ合うぐらいにする。

③そこからグッと胸の方に向けて足を引き上げる。

④そして今度は足を左側へ倒していく。足は無理して地面に着けなくてよい。
このとき、右肩が地面から離れないよう注意する。
そして深呼吸しながら7秒ぐらいキープする。足を組み替え、反対側も行う。

次のページ:骨盤周りを締めるトレーニング

ピックアップ記事

関連記事一覧