冷えやむくみに効果抜群なのは『鼠径部のリンパ』だった!?

体調が悪いときや熱が出たときに病院へ行って点滴を打ってもらったり、スポーツドリンクを飲みなさいって言われたことがあると思いますが、どちらも主成分は糖なんです。それだけ糖は他の栄養素に比べてエネルギーとして使われるスピードが早く、生命を維持するために不可欠なもの。ただ、その反面摂り過ぎてしまうと一時保管として内臓脂肪に付きやすいとも言われています。特に女性の場合はお腹周りを気にされる方がいらっしゃるので、糖質抜きダイエットを実践される方が少なくないのかもしれません。しかし、お伝えしたように糖質は健康な身体を作っていくために欠かせないものなので、カットするのではなく質のいい糖質を摂取した上で、代謝を上げる方向へ持っていくことが重要です。
今回も、リンパにストレッチをかけて代謝を上げる方法元宝塚生尾美作子さんに教えていただきました。

リンパストレッチ③:鼠経

鼠経部にあるリンパとヒザ裏を伸ばすストレッチ。じんわりゆっくり伸ばすのがポイントです。

①しゃがんで手を床につける

 

②そこから足を後ろにグッと下げる

 

③重心を落とし鼠径部を伸ばす

後ろに引いた足はひざを伸ばした状態で、重心をグーッと落とす。

バウンドせずにじんわりゆっくり伸ばす!

④ひざの裏を伸ばす

④今度は後ろの足を伸ばし、頭を両手の間に入れてお尻を上にグッと突き上げる。ひざの裏をピーンとじんわり伸ばす。

③と④を3セット繰り返したら反対側も行う

 

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

取材・文: 長谷川 亮  写真: AP,inc.

ピックアップ記事

関連記事一覧