重心移動がポイント!レジェンドビルダーのハックスクワット

今年6月に古傷である左右の両股関節の手術を受けた小沼敏雄選手。退院したその日には脚のトレーニングを行い、現在は勤務先のゴールドジム店舗でマシンを活用したトレーニングを5分割で実施している。今日は「脚の前」の日に行っているハックスクワットを紹介する。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

ICARIANハックスクワット

ICARIANのハックスクワットマシンは収縮がかけやすい。この動作はお腹を丸めて腰を押し付け、膝を外に割りながら足の外側に重心をかけるが、この姿勢をつくりやすい

動作

腹筋を固めて構える。こうすることで大腿四頭筋に負荷が乗りやすくなる。足幅は狭め。そこから膝を外に開くように下ろしていく。この動作だと膝への負担を回避できる。ボトムで捕まえた負荷を逃がさないように、ゆっくりと上げていく

ポイント

重心の移動がポイント。ボトムでは中指の下に重心がきて、カカトはやや浮く。そこから重心が足裏の外側のラインを通っていき、フィニッシュはカカトで押していく。ここでは大殿筋、内転筋も収縮する

ボトムからフィニッシュまでの重心移動のイメージ

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧