大胸筋を強化するベンチプレス! ボディビルダー加藤直之のBIG3講座

恐らく、ベンチプレスはトレーニーに最も人気のある種目なのではないだろうか。ジム内で、順番待ちの列ができることも珍しくない。正しいフォームで、効果的に出来ているだろうか? この機会に、基礎から見直そう。

1⃣ベンチプレスの準備

セーフティーバーの高さ設定
胸を張った状態で、胸より下、鼻より上の位置に調整する

体の位置
挙上して、バーベルがラックにぎりぎり当たらない位置。遠すぎても近すぎてもダメ、ラックアップしやすい位置を探る

手の幅
上腕を水平にし、肘を直角にした位置で握る。中指か薬指がバーベルの81cmラインにかかる位置が目安。広めに持つ場合は、81cmラインに人差し指にかける

2⃣ベンチプレスの基本

肩甲骨のない点を保ちつつ、肩の真上にバーベルがくるように肘が伸びきるまで上げる。バーベルをおろすのは、上腕が体幹に対して70~80度あたりが目安。そのため、下ろす位置は、必ずしも体のアーチが一番高い位置にはならない。45度位におろすと、胸のストレッチがかかりにくく、また動作距離は長くなる。効かせつつ距離を短く、安全にストレッチをかけられる位置に下ろす

握り方
ハの字に手首を回内させ、橈骨の真上にバーベルを乗せる。手のひらを垂直にすると、動きが生じ、集中できなくなる。親指、人差し指、中指の三本でしっかりと握る

アーチの作り方(その1)
ブリッジを作るとき、肩甲骨が下がっていることが大事。下背部に拳が1つ入るぐらいのブリッジをつくる

アーチの作り方(その2)
肩甲骨を内転させ、内に寄せる
背中を緊張させて土台をつくり安定させ、大胸筋を働かせる

NG POINT
・肩が上がり、脇が開く位置に下すと、肩をケガしやすくなる
・親指を巻かないサムレスグリップは危険

背中、体幹を強化するデッドリフト! ボディビルダー加藤直之のBIG3講座

強靭な脚をつくるスクワット! ボディビルダー加藤直之のBIG3講座

加藤直之(かとう・なおゆき)
1981年生まれ、埼玉県出身。
身長161cm、69~71kg(オン)74~75kg(オフ)
2014年日本クラス別選手権70kg級優勝 2019年日本選手権3位

取材:木村卓二 撮影:岡部みつる 北岡一浩
[IRONMAN2018年7月号]

ピックアップ記事

関連記事一覧