世界王者が解説「バリバリのハムストリングの作り方」実践編

鈴木雅選手がトレーニングを深く、細かく解説するこのコーナー。今回はハムストリングスのなかでも、もっとも大きな筋肉である「大腿二頭筋」のトレーニング。鈴木選手の、あのバリバリのハムの作り方をご紹介。

取材・文:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

▶この記事をお読みいただく前に「ボディビル世界王者が解説「バリバリのハムストリングスの秘密」

プローンレッグカール

背中をまっすぐにした状態から反動を使って上げる。股関節を支点に“シーソー”のイメージで蹴る。

鈴木雅選手のプローンレッグカールのやりかた

シートから上体を少し浮かせたポジションで、背中をまっすぐにした状態で構える。股関節を伸ばした状態からスタートすることが重要。そこから爆発的に上げて、ゆっくりと戻す。レバーをしっかり握り、上体をシーソーのように動かして反動を使って上げるのがコツ。股関節を支点にして動かすため、最後は自然に膝も上がる。顎は引いておく。

▼ポイント

・背中をまっすぐにした状態で構える
・上体をシーソーのように使い、反動を利用する
・股関節を支点にして動かす
・パットの位置はふくらはぎの少し下。足首ではない

ありがちな間違い

上体をべったりとシートに預けてしまうと、股関節が伸展しにくくなり、ハムストリングスが収縮しない。膝に近い部分に負担がかかる。ストリクトに動作しようとするあまり、こういう姿勢になってしまうケースは多い

鈴木雅選手が解説プローンレッグカールのありがちな間違い

レッグカールの足幅は腰幅程度。足首は自然な角度で。

プローンレッグカールの足幅は腰幅程度

【関連記事】世界チャンピオン・鈴木雅「失敗はチャレンジの向こう側にある」

次ページではハムフレクサー、45 度バックエクステンション、スティッフレッグド・デッドリフトをご紹介

大人気!腹筋関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧