ト レーニング強度に大きな影響を与えるビタミンD

ビタミンDと聞いて真っ先に連想することは何だろうか? おそらく「太陽の光を浴びると体内でビタミンDがつくられる」と答える人も多いだろう。ではもうひとつ質問だ。体内のビタミンDレベルを高めるために、毎日意識して欠かさず日光浴をしているという人はどれだけいるだろうか? おそらく、そんなことは意識しなくても毎日外には出かけるし、日中活動していればいやでも太陽の光は浴びているものだと考えているはずだ。そうだとしたら、これからはビタミンDをつくることを意識して外出しよう。なぜなら、ビタミンDは私たちの体の中でエネルギーをつくり出すための鍵となる物質であり、ビタミンDのレベルによっては、その人の競技能力やトレーニング強度に大きな影響が与えられるからだ。毎日屋外に出て無意識のうちに日光浴しているから、体内ではビタミンDが勝手につくられる。だとすればビタミンD不足の人などほとんどいないはずだが、実際は多くの人が知らないうちにビタミンD欠乏症に陥っているのだそうだ。そして、その状態を放置すれば当然、健康に悪影響が現れるようになる。結局のところ、ビタミンDについては太陽任せにしてはいけないのだ。普段の食事からもしっかりビタミンDが得られるような食事メニューを考えるべきなのである。

by Emmy Schneider-Green

ビタミンD が大切な理由

免疫力の強化

ビタミンDは免疫機能を活発にする作用がある。免疫機能が活発な人は風邪を引きにくく、その他の感染症にもかかりにくい。逆に、血中のビタミンDレベルが低い人は感染症にかかりやすく、実際に感染症にかかった患者を調べたところ、30%以上の患者がビタミンD不足であることが分かったのだそうだ。

体脂肪の減少

バリバリの体をつくりたいと思うなら、ビタミンDの働きを決して見くびってはいけない。なぜなら、ビタミンDは特に腹部の脂肪を減量するために強い作用を発揮するからだ。もちろん、ビタミンDさえあれば絞れるというわけではないが、良質な食事と定期的なワークアウトによってビタミンDの力を最大限に活かすことが可能になるはずだ。

脳をしゃきっとさせる

物忘れが多く、思考能力が鈍くなっていると感じるような場合、もしかするとビタミンDが不足していることが原因かもしれない。3千人の男性被験者を対象にした調査によると、記憶力や思考能力が優れていた被験者たちは、いずれも体内のビタミンDレベルが高かったそうだ。

歯や毛髪の健康維持

ビタミンDには歯や髪の毛を健康に保ち、性欲を高めたりする働きまでもがある。また、ガン患者の多くはビタミンDが欠乏している傾向にあるようだ。心臓の健康を維持するためにもビタミンDは不可欠であることから、ガン予防や心臓機能を健康に保つ目的でビタミンDを意識的に取り込んだり、高めるような食生活&日常生活を送ることが大切である。

次ページでは居住地による違いとビタミンDの摂取量について解説しよう

ピックアップ記事

関連記事一覧