「今の身体にとても自信があります」ダンシーあずさの2年間の筋肉強化ポイント

ダンシーあずさ選手のオールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美

2021年オールジャパン選手権の展望企画として、2019年の優勝者24人全員を取材。日本最高峰の大会を目前に控え、トップ選手たちは2年間どのような取り組みをしたのだろうか。コロナ禍の影響、強化した部位やトレーニング法、そして注目している選手について聞いた。(IRONMAN2021年9月号より修正引用)

取材:IM編集部 大会写真:中島康介

ダンシーあずさ

コロナ禍でジムが閉まっていてトレーニングはほぼできなかったですが、競技を研究する時間ができ、ポージング練習と柔軟性を上げるためにストレッチを毎日行い、ポージング改善につながりました。悪かった面は、全体的に少しボリュームダウンしたことですが、トレーニング再開後一層力が入って集中力が上がり結果的に良かったです。

強化できた部位は脚と肩です。正面から見たときのウエストに幅があり、上半身のワイド感が必要でした。力みのないポーズが美しいと考えるため、過度に肩を強調したポーズを取らない分、肩のボリュームはあまり感じられない身体でした。リラックス状態でも丸みのある肩を目指し、ショルダープレスの重量を伸ばしたり、三頭が関与しないようにワンハンドマシンを使う種目も取り入れました。また、脚が四角い印象で、膝周りを小さく見せる必要があったので、外側に効かせるように触れながら意識して、筋肉で重さを捉える丁寧なトレーニングを心がけましたので、脚は最も伸びた部位です。2年間でほぼ理想的な形になってきたと思いますし、今の身体にとても自信があります。あとは除脂肪して筋肉のハリを保つことが一番の課題と考えています。

オールジャパンではカテゴリー3連覇し、全て1位の評価で優勝し、ステージでは世界トップビキニ選手のようにシンプルかつ優雅なポージングを見せたいです。誰が見ても “進化した”と思われる身体にします。

次ページ:ダンシーあずさ選手のオールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美

トップ選手の強化ポイント

ピックアップ記事

関連記事一覧