トレーニング mens 店舗情報

鈴木雅が探る!トレーニングマシン博物館にある貴重なマシンの数々

市場から消えた昔のマシンにも昔のマシンにしかない魅力があった。そうした古の名機を多く揃えているのが、ゴールドジム行徳千葉アスレチックセンター。進化を遂げてきたマシンの歴史を振り変える意味で、貴重なマシンの数々とその特徴を紹介する。

<本記事の内容>
‟宝庫”ゴールドジム行徳千葉アスレチックセンター
・背中のマシンで初めて回転抵抗を用いた歴史的な名機・NAUTILUS プルオーバーマシン
・収縮ポジションで肩が前に出ないので効かせやすい・NAUTILUS 10°ペックデッキ
・シートがコンパクトで骨盤を立てやすい・NAUTILUS アームカール
・胸椎を伸展するだけで三角筋前部がストレッチできる・UNIVERSAL ショルダープレス
・円軌道の軸が肩の真上にあり胸を収縮させやすい・UNIVERSAL ペックデッキ
・大胸筋の収縮に特化したマシン・GALAXY チェストプレス
・ダンベルフライの動作ができるマシン・PACIFIC チェストプレス

‟宝庫”ゴールドジム行徳千葉アスレチックセンター

今回はゴールドジム行徳千葉アスレチックセンターに設置されているマシンを紹介します。

同店舗がオープンしたのは1998年4月。イースト東京(南砂町)、ノース東京(大塚)に続く、国内3号店です。ここにはフィットネスバブル期にあった80年代に一世を風靡したノーチラスやユニバーサル社などのマシンが揃えられています。私がトレーニングを始めた20年ほど前は、老舗のジムに行けば古いノーチラスのマシンにお目にかかることはありました。ですが、今ではここにしか置かれていないようなマシンも多く、往年の名機が並ぶその様は、まさに「トレーニングマシン博物館」の様相を呈しています。

昔のノーチラスマシンの特徴は、ケーブルではなくチェーンが用いられているところにあります。チェーンは慣性があまりかからないため、負荷が抜けるポイントがありません。そのため、動作中は対象筋に負荷がかかりっぱなしの状態になります。イースト東京や行徳千葉フィットネスセンターなどに置かれているギャラクシー社のレッグエクステンションマシンもチェーンが使われており、収縮ポイントで「スコン」と負荷が抜けるといったことがありません。

ユニバーサル社のマシンは滑車とテコを組み合わせたシンプルな構造になっています。ただ、メカニズムそのものはとてもシンプルなのですが、筋肉にはダイレクトに負荷がかかります。

例えば、ユニバーサル社のショルダープレスマシンは、動作としてはシートに座ってハンドルを押し上げる、ただそれだけです。しかし、軌道が垂直方向ではなく斜め上の方向になっており、三角筋前部に負荷が乗りやすい構造になっています。

また昔のマシンに共通して言えることは、サイズがコンパクトで日本人にとって使いやすい点です。マグナムやギャラクシー社のマシンもそうですが、日本人の骨格にマッチしており、効率のいいトレーニングが可能です。

安全面の部分では現在のマシンに軍配が上がります。近年のマシンにはスティッキングポイントで関節に負荷がかからないような、またストレッチポジションで筋肉が過伸展しないような工夫が施されています。

反面、昔のマシンは簡素な造りになっているが故に、負荷が筋肉に直接的に働きかけてきます。昔のマシンには昔のマシンにしかない魅力があり、そうした名機を活用してトレーニングができる行徳千葉アスレチックセンターは私が好きな店舗のひとつでもあります。

背中のマシンで初めて回転抵抗を用いた歴史的な名機・NAUTILUS プルオーバーマシン

現在のプルオーバーマシンよりもコンパクトな造りになっており、回転軸が身体の近くにあるため日本人にとっても使いやすい。シートの角度や肘を置くパッドの位置も日本人の骨格にマッチしている。またチェーンを用いているため負荷のかかり方が一定でマイルド。

収縮ポジションで肩が前に出ないので効かせやすい・NAUTILUS 10°ペックデッキ

シートには胸の上部に効かせるのに適した10度という角度がついている。寝た状態で行うためフィニッシュで肩が前に出ず、しっかりと大胸筋を収縮できる。また、シートの幅も狭く、肩を後ろに引きやすい。

シートがコンパクトで骨盤を立てやすい・NAUTILUS アームカール

ハンドルの部分が動き、軌道もコンパクト。ストロークが日本人の骨格に適している。また、プルオーバーマシンやペックデッキ同様、チェーンを用いているので負荷のかかり方が一定でフィニッシュでもしっかりと収縮できる。また、シートがコンパクトで骨盤を立てやすく、背中が丸まらない。股関節を屈曲した状態で動作ができるため上腕二頭筋を収縮させやすい。

胸椎を伸展するだけで三角筋前部がストレッチできる・UNIVERSAL ショルダープレス

軌道が斜め上の方向になっている。また、背もたれのシートが低く、胸椎がフリーな状態にある。そのため、アジャストベンチでショルダープレスを行うときは首への負担を回避するために少し首を後ろに倒したくなるが、そうした動きが自由にできる。しっかりと骨盤を立てれば首に負担をかけることなく動作ができ、スタートでは胸椎を伸展するだけで三角筋前部がしっかりとストレッチされる。

円軌道の軸が肩の真上にあり胸を収縮させやすい・UNIVERSAL ペックデッキ

回転軸が身体に近い位置にあるため、フィニッシュで肩が前に出ず、大胸筋をしっかりと収縮できる。また、シートがコンパクトで骨盤を立てやすく、背筋をまっすぐに保ちやすい。現在のペックフライのマシンは規格が大きく回転軸が少し身体から離れた位置にあるが、このマシンの回転軸は肩の真上にあり、肩関節を支点にして大胸筋を収縮させやすい。

大胸筋の収縮に特化したマシン・GALAXY チェストプレス

一般的なチェストプレスは押すにしたがって両手が近づくような軌道を描くが、このマシンは押しながら大胸筋を内側に絞り込むような軌道を描き、強い収縮感を得られる。プレートなどを両手で挟んで行うスペンドプレスの動作に近い。大胸筋の収縮に特化した珍しいマシン。

ダンベルフライの動作ができるマシン・PACIFIC チェストプレス

パシフィックのチェストプレスには数タイプあるが、これはアームの部分が動き、ダンベルフライの動作ができる。フリーウエイトのダンベルフライは重力の関係でフィニッシュの刺激が弱くなるが、このマシンは最後もギュッと絞り込める。また、チェストプレスのマシンとしてはアームの部分が動くという珍しい構造になっており、そのため軌道が円を描くフライ動作が可能。グリップは「ハ」の字で、肩への負担も少ない。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩


ゴールドジム行徳千葉アスレチックセンター
〒272-0132 千葉県市川市湊新田1-6-8 スーパーセレクション2F(東京メトロ東西線『行徳駅』より徒歩3分)
月~金14:00~23:00
土曜 10:00~22:00
祝日 10:00~19:00
日曜 休館日
☎:047-390-3436
HP:https://www.goldsgym.jp/shop/12150


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

◀トップページに戻る


-トレーニング, mens, 店舗情報
-, , ,