北海道で歌手を目指していた女の子がいつしか日本一の筋肉を目指すようになった話

2020年10月、地元北海道で行われた『マッスルゲート札幌』で華々しいビキニ競技デビューを飾ったのが、2021年オールジャパン選手権ビキニフィットネス35歳未満163㎝以下級で当階級女王のダンシーあずさについで2位に輝いた、日比佑伊子だった。彼女はもともと歌手活動をするために上京してきたが…、それは上手くいかず挫折することとなった。しかし、同じ時期にトレーニングを始めることとなり、いつしかそれがビキニフィットネスという競技にまでつながり、今や彼女は日本でもトップレベルのビキニ選手へと成長を遂げた。いったい日比の身に何が起きたのだろうか。(月刊ボディビルディング2022年5月号から引用)

取材・文:月刊ボディビルディング編集部 撮影:中島康介

「伸ばすトレーニングした方が筋肉に立体感が生まれると感じている」

北海道から上京した当初、私は歌手を目指していました。東京で活動をしていたのですが、現実は上手くいかず挫折してしまいました。また、当時働いていたジムのグループ会社でナイトクラブを運営しているのですが、そこでアルバイトをしていました。そこを辞めるタイミングでジムで働くお誘いを受け、3年前から今のジムで働き始めました。もともと筋トレはしっかりやっていなかったことや、太っていたこともあり、「私なんかが働けるのか」と感じていましたが、働いてみることにしたんです。そして、初出勤の日からトレーニングを開始しました。
初めての本格的なトレーニング後は全身が痛かったです(笑)。感じたことのない痛みや、ここ痛くなるんだという痛みなど新鮮でした。筋肉痛が来たからしっかりできたという実感になり、それからもっとやってみたいと思ったんです。始めたばかりのころは、全身をまんべんなく行っていましたが、変化が大きい部位というのもあり、特に肩のトレーニングにはまって好んで行っていました。
今は競技的なメニューに変わり、1日1部位の分割法で取り組んでいます。分け方は胸、背中、脚(後部メイン)・肩というものになっています。頻度は4日行って1オフ、3日行って1オフにしています。時間は1時間以内で行いますが、セット数、高回数のトレーニングにしたり、マンネリ化を防ぐ目的でデッドリフトのみを行うことも。短時間に感じられるかと思いますが、1時間以内で終わらせるのには理由があります。
トレーニング自体が大好きかというとそうでもなくて、早く終わらせたいという気持ちが強いんです。短時間で質の良いトレーニングをした方が集中力も体力も効率的な意味で良いですし、「少ない種目でやりこむ」というテーマを決めてやっています。また、トレー二ング以外の時間も大事にしたいんです。仕事の時間を考えたうえで、トレー二ングは時間を決められた中で行い、プライベートな時間も大切にしています。その結果、今の1時間以内のトレーニングになっていきました。
2019年の冬からトレーニングを始めて、ビキニの大会に初めて出たのが20年でしたが、今までの3年間でトレー二ングの変化は大きかったです。以前は胸のトレーニングは行っていませんでしたが、昨年は拮抗筋狙い(背中)のために胸はフライ種目とプレス種目を高回数やっていました。そして昨年の大会後からトレーニングをさらに変えようと思い、今年は胸のための胸種目に取り組んでいます。減量したときの厚みや、サイドポーズをとったときの逆三角形や厚みを付けることが目的だからです。
トレーニングへのこだわりは、ネガティブ動作を意識することです。筋出力を高めるためには、収縮はもちろん大事ですが、伸ばすトレーニングした方が筋肉に立体感が生まれると感じているからです。また、私をトレーニングに導いてくれた方から、そういうアドバイスをいただいたのも理由です。
今年は初戦にスポルテックカップで優勝することが目標です。そして、グランドチャンピオンシップスに出場したいです。また今後は国際大会でも活躍したいと考えています。昨年はオールジャパン選手権で2位になれたので、アジア選手権の選考にも入れたのですが、今年のオールジャパン選手権と時期が重なっているのもあり、出場を迷っています。ですが、出られれば行きたい大会です。
また、今後視野に入れているカテゴリーとしてボディフィットネスがあります。ボディフィットネスは、私の骨格などが向いていると感じられるんです。昨年優勝した大谷美咲選手は、ビキニから転向した方ですが、筋肉量があって絞れていて、それなのに女性らしいところがかっこいいと感じました。大谷選手を見て、ボディフィットネスってこんなに綺麗で美しいカテゴリーなんだと思ってやりたくなりました。今年はビキニ競技に集中して、オールジャパン選手権で同じ階級のダンシー選手を超えていきたいです。そして結果を出したうえで来年はボディフィットネスに行きたいと考えています。

次ページ:日比選手が持つ厚みのある筋肉美がこちら【写真】

オススメ注目選手

 

ピックアップ記事

関連記事一覧