ボディビル世界チャンピオン鈴木雅選手

トレーニング mens

【質問】トレーニングベルトはどのくらいまで締めればいいですか?【1分で解決!筋トレQ&A】

ボディビル世界チャンピオン鈴木雅選手【ボディビル世界チャンピオン鈴木雅選手の回答】
目安としては、ベルトの下に手の指が1本から2本入るくらいの隙間があるほうがいいでしょう。

【関連写真】ボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手の重厚な肉体美

トレーニングベルトの役割は腹圧を高めることにあります。腹圧を高めることで腰痛を防いだり、脊柱をまっすぐ支持できたりするようになります。

例えばお腹の前側と後ろ側(背中側)にしっかりと圧がかかって、力を入れられる。これが腹圧を高めるためのベルトの締め方になります。目安としては、ベルトの下に手の指が1本から2本入るくらいの隙間があるほうがいいでしょう。きつく締めすぎると逆に腹圧をかけづらくなったり、肋骨が開いてしまって腰が反ってしまったりといったことも起こり得ます。適切な強さで締めるようにしましょう。

ちなみに、ベルトの種類にも様々なものがあります。これは個人差がありますが、多くのエクササイズを実践されている方はベルトが太すぎると可動域が制限されます。逆に BIG 3を中心に重量を伸ばすことを目的としたトレーニングをやられている方は、太いベルトのほうが安定感があっていいかもしれません。ナイロン製のものは持ち運びしやすく、トレーニング中に場所をよく移動される方にはおすすめです。用途別に自分に合ったものを選ぶのが良いのではないかと思います。

なお、トレーニングの最初から最後までベルトを巻きっぱなしだと、腸腰筋や内腹斜筋、外腹斜筋などのインナーマッスルに圧をかけることになり、それらの筋肉がかなり疲労します。セットを終えるごとにベルトは外したほうがいいと思います。

鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 構成:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

◀トップページに戻る




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-,