大胸筋を大きくするダンベルフライの正しい負荷の乗せ方

ダンベルフライの正しい負荷の乗せ方をご紹介します。

負荷が乗るスタートポジション

前腕が地面の鉛直上に近い状態で肘を下げないとグリップに力が入り、主導筋に「乗せる」こ
とはできない。力学の側面から考えると肘は伸ばさないほうがよい

負荷が乗りにくいスタートポジション

ダンベルフライなどの種目では、解剖学的には肘を伸ばしたほうが筋肉はストレッチする。しかし、これをダンベルを持った状態で行うと、肩や腕に負担がかかってしまう

負荷が乗るフィニッシュポジション

力学的に重力がかかり負荷を与えるのは上腕が鉛直上にくるポジションまで。内側を狙いた
いときはペックフライなど、内側に絞り込むようなマシンをチョイスしたほうがよい

負荷が乗りにくいフィニッシュポジション

収縮ポイントで胸の内側まで刺激を求めようとすると、力は鉛直ではなく「横の動き」に入る。
これでは力学的に重力がかからないため強度は弱くなる

ダンベルフライを見直して大胸筋トレーニングにお役立てください。

大胸筋のマシンの使い方はこちらの記事をご覧ください。

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩
(IRONMAN2020年1月号掲載)

ピックアップ記事

関連記事一覧