ボディビル元世界チャンピオンの鈴木雅選手(撮影:北岡一浩)

トレーニング mens

【筋トレ1分コラム】リアデルトフライは腹圧が肝!ボディビル世界王者の1分解説

ゴールドジムアドバンストレーナーでボディビル世界チャンピオンの鈴木雅選手がトレーニングをひも解いていくウエイトトレーニング雑誌IRONMANの人気連載『トレーニングアップデート術』から、1分で読めるトレーニングワンポイント解説を紹介するこのコーナー。テーマはマシンの使い分け方。今回は三角筋後部を鍛えるリアデルトフライでの正しい姿勢について。内容が少し難しい方は、文末の「まとめPOINT」だけでもOK!

【写真解説】三角筋後部を鍛えるリアデルトフライでの正しい姿勢

リアデルトフライを座って行う場合、腹圧をかけて体幹を支えないと遠心力が働くため肘の軌道を確保できなくなります。骨盤を立てた状態で、腹圧をかけやすい状態で行うことが重要です。骨盤が前傾もしくは後傾した状態では腹圧がかけられず、三角筋よりも僧帽筋に効いてしまいます。

まとめPOINT
・リアルトフライを行う際は、骨盤を立てた状態で腹圧をかけながら行いましょう!

鈴木 雅(すずき・まさし) 1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。

次ページ:三角筋後部を鍛えるリアデルトフライでの正しい姿勢

取材:藤本かずまさ 構成:FITNESS LOVE 撮影:北岡一浩

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-,