ヨギーたちに聞いた「温活」 vol.03 “深い呼吸”

いよいよ本格的に寒くなったこの時期、特に女性にとって気になるのが「冷え」。身体が冷えると血流が悪くなったり、体調を崩しやすい。そこで今回は、身体を温める「温活」についてヨギーたちに聞いてみました。

私がオススメしたい「温活」
“深い呼吸”

ヨガインストラクター・Sayakaさん

リラックスした体制で冷えやすい手先や足先まで全身に呼吸を巡らせるイメージをしながらたっぷり深呼吸をします。リラックスした状態で呼吸を深めると細胞も活性化し横隔膜も動くので筋肉が使われ血液の循環が整っていきだんだんと体が温まってきます。

深い呼吸で身体を温める

お腹や胸に手を当てながら行うと呼吸を感じやすいです。また腰に負担があったり、それでも感じにくい方は仰向けで両膝を抱えお腹を膨らませたり凹ませたりお腹の動きが脚に伝わるくらいお腹の呼吸をするのも◎

膝を抱えると呼吸を感じやすい

私は白湯を飲んでいったん内側が温まってから行います。末端冷え性でしたが、冷えてもすぐ温まったりこの方法でだいぶ改善されました!

白湯を飲んでから行うのも◎

まずは手軽で効果のあるこの深い呼吸の温活を活用し、レッグウォーマーや漢方など、自分に合った方法をプラスしてみてはいかがでしょうか。

血液やエネルギーを巡らせるためには筋肉の働きも必要不可欠! ヨガやピラティスなどほどよい運動やアーユルヴェーダ式のセルフマッサージもお勧めです。

ぜひ皆さんの日常にも深い呼吸を取り入れてみてくださいね。


取材:Yoga&Fitness編集部

ピックアップ記事

関連記事一覧