“便利で生きやすくするためのツール”増える中で私がヨガを選んだ理由

井堂美佳さんヨガを通して美しい姿勢を作り、穏やかな心を養うことができたと答えるヨギーたち。そんなヨギーたちがヨガを始めたきっかけ、ヨガを深めていく理由は? ここでは、その原点となるエピソードをご紹介します。

【写真】井堂美佳さんの美しいアーサナ

《 私がヨガを始めた理由 》

大阪で活動しておりますMIKAです。主にヨガ講師、腸セラピストとして活動しプライベートでは二児の母でもあります。

ヨガを始めたきっかけは大学生の時、運動不足解消のため母に誘われたのがキッカケでした。そこで出逢ったインストラクターの方がとても魅力的で、ヨガを勉強していく内に、ヨガの魅力にはまり好きなことを仕事へ。現在は、自宅での対面レッスンやオンラインレッスンをしております。

ヨガを深める、後屈を追求する理由

時代がどんどん変化し今は“便利、かつ生きやすくするためのツール”が沢山増え、職種も働き方も生き方も選べる時代。良くも悪くも選択肢が増え、便利がゆえに本来使っていた筋肉や柔軟性が著しく使われなくなり精神的にはキャパオーバーで活動している方も多いなと感じます。今、身を置く環境に寄り添いながらも、いかに負担なく過ごせるかを考えていくというところに尽きます。

本当の健康とは”心も身体も共に健やかで幸せである”ということ。そこに近づくための一つのツールとして私はYOGAという選択をしました。身体が整っていると心に余裕が生まれます。心に余裕があると、身体を整えることにも意識が向きます。

そして、ヨガの中でも私が極めているのは”後屈”という部類。ヨガ講師として迷走していた時に”自分の強みとは?”をずっと探していました。今は"後屈"を自分の強みとして、ヨガ指導者やヨガ経験者をメインに後屈に特化し指導させて頂いております。

人間、得意もあれば不得意もあって良いところも悪いとこも強みも弱みも受け入れてチャレンジし続けるからこそ楽しくて深くて、ゴールのない道。だからこそ、”夢中になる程の楽しさ””何歳になってもチャレンジすることの大切さ”を、私自身も実践しながら深めていきます。

【写真】井堂美佳さんの美しいアーサナ

ピックアップ記事

関連記事一覧