“何もしない空白の時間”がパフォーマンスを上げてくれる

雅子(よがくらげ)理想的な美しい姿勢を作り、穏やかな心を養うために欠かすことのできないヨガのアーサナ。全国の実践者たちによる自慢のアーサナがここに集結。美しくかつしなやかなアーサナをどうぞご覧ください。ここでは、ヨギーがヨガを始めたきっかけや日常生活で気を付けていることについてもご紹介します。
文:FITNESSLOVE編集部

▶次のページ:雅子さんの美しいアーサナ

――自己紹介をお願いします。
「関西を中心にヨガとピラティスを指導しています。セロトニンヨガ養成
講座アシスタントティーチャー。 身体の感覚としっかり向き合える時間を
作り、内観へと導けるようなレッスンを心がけています」

――ヨガ(またはピラティス)を始めたきっかけを教えてください。
「幼い頃から母がヨガをやっていたので始めました」

――始めてよかったことはありますか?
「身体が柔軟になり、冷えにくくなりました」

――1日の生活の中でヨガをいつ、どのように取り入れていますか?
「無理をして取り入れるのではなく、選べるときにはヨガの思想に近いものをという意識で行動や食べ物、持ちものをチョイスしています。でも、毎日一度はマットの上で、アーサナやメディテーションをします」

――日常生活で気を付けていることとその理由は?
「何もしない時間を作ること。何もしないことが苦手なのですが、空白の時間こそ自分の行動力やパフォーマンスを上げてくれることにヨガをして気付きました」

▶次のページ:雅子さんの美しいアーサナ

ピックアップ記事

関連記事一覧