• HOME
  • 記事
  • ヨガ , womens
  • 早朝の日の出ともに白湯を飲み瞑想とヨガが習慣「自分を認めて許せるようになりました」

早朝の日の出ともに白湯を飲み瞑想とヨガが習慣「自分を認めて許せるようになりました」

荒木ひとみ理想的な美しい姿勢を作り、穏やかな心を養うために欠かすことのできないヨガのアーサナ。全国の実践者たちによる自慢のアーサナがここに集結。美しくかつしなやかなアーサナをどうぞご覧ください。ここでは、ヨギーがヨガを始めたきっかけや日常生活で気を付けていることについてもご紹介します。
文:FITNESSLOVE編集部

【写真】荒木ひとみさんの美しいアーサナ

――自己紹介をお願いします。
「できるだけ地球環境に配慮した生活や食養生を好み、日常にちょっぴりでもヨガを取り入れ恩恵を享受いただけたらという願いから世界一周客船やヨガ学校、ヴィーガンカフェ、ショップでのイベントを開催しています。継続的に師事し、心身の健康を探求中です。レッスンでは、ブロックやベルト、ブランケットなどを使い、アライメント重視で安全快適なクラスを提供。年齢層は幅広く、一人ひとりに合わせたクラスを提供しています」

――ヨガ(またはピラティス)を始めたきっかけを教えてください。
「落ち込んでいる時に友人に誘われて行ったホットヨガで衝撃を受けました」

――始めてよかったことはありますか?
「ヨガを行ったことで心身ともに成長ができる、自分を認めて受け入れて許せるようになってきました」

――1日の生活の中でヨガをいつ、どのように取り入れていますか?
「早朝の日の出ともに白湯を飲んで瞑想、そしてヨガアーサナを行います」

――日常生活で気を付けていることとその理由は?
「後回しにしがちな苦手なことをすぐにやること、頑張りすぎないこと、新しいことに目を向けるようにしています」

▶次のページ:荒木ひとみさんの美しいアーサナ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧