「大失恋がきっかけ」17年目のインストラクターがピラティスをやる理由

ピラティスHARU理想的な美しい姿勢を作り、穏やかな心を養うために欠かすことのできないヨガのアーサナやピラティスのポーズ。全国の実践者たちがここに集結。ここでは、ピラティスインストラクターがピラティスを始めたきっかけや日常生活で気を付けていることについてもご紹介します。
文:FITNESSLOVE編集部

【写真】ピラティスHARUさんの美しいアーサナ

――自己紹介をお願いします。
「ピラティスインストラクター歴17年。コロナ禍に骨盤底筋ケアインストラクターの資格を取得。尿漏れ、性でお悩みの方々の力になろう!と骨盤底筋啓蒙活動に邁進中です! 最近は骨盤底筋ケアをメインにレッスンしています。尿漏れ、性のお悩みがある方に特にお勧めです」

――ピラティスを始めたきっかけを教えてください。
「大失恋がきっかけでピラティスを始めました」

――始めてよかったことはありますか?
「心身ともに健康的で、若く見られることです!」

――1日の生活の中でヨガをいつ、どのように取り入れていますか?
「朝の10分に行っています」

――日常生活で気を付けていることとその理由は?
「和食中心にしながらも、なんでも食べること! 体調が良いからです」

▶次のページ:ピラティスHARUさんの美しいアーサナ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧