単調な会社生活に刺激を求めて……サマスタで日本一を獲った会社員

夏が一番似合う男性・女性を決めるコンテスト『サマースタイルアワード』で活躍する会社員・鶴巻孝浩さん。そのきっかけは単調な会社生活に刺激を求めたことだった。

【おすすめ】体重変動なしで劇的変化!22年間ポッチャリ男がムキムキに

トレーニングを始めたキッカケと、大会出場について

高校生のとき、僕はバイクが欲しくてアルバイトに明け暮れていました。その時期の不摂生な生活が原因で段々と太ってしまいました。

そんなときに兄が自宅にベンチプレスの機材を揃えたんです。僕はダイエット目的(に近い理由)で身体づくりをはじめましたが、元々筋肉への憧れがあったので、専門学校に進んでからもトレーニングを続けていました。

その延長で就職してからも会社にあるトレーニングルームに通っていました。ベンチプレスと腕くらいしか鍛えていませんでしたけど……。

そしてある日、トレーニングをしていると、上司から「ベストボディ・ジャパンに一緒に出ないか?」と声をかけてもらいました。目立ちたがり屋な性格と、単調な会社生活に刺激を求めていたこともあり、大会を目指して本格的にトレーニングを始めることにしました。

特別トレーニングで力を入れたのは背中です。逆三角形の身体に憧れていたので、アウトラインを重視していました。デビュー戦の2016年ベストボディ・ジャパン名古屋大会ではミドルクラス4位になりました。そのとき、このままでは勝てないと思い、さらにトレーニングに熱を入れるようになりました。

金子賢さんへの憧れ

かっこいいアクセサリーをつけたかっこいい身体。金子賢さんは僕が好きなアクセサリーブランドのネックレスを付けていて、憧れの存在でした。その影響からサマースタイルアワードへの出場を決めました。

2018年サマースタイルアワード名古屋大会でスポーツモデル部門でオーバーオールを獲り、PRO戦の日本大会となるジャパンオープンでミドルクラス優勝をいただきました。

現在はビースティプロ総合優勝を目標にしています。韓国でも通用する選手になりたいですね。金子賢さんが韓国から日本に持ってきたスポーツモデルという部門へのこだわりもあります。

選手歴もそれなりに長くなり、サマースタイルアワードのポージング講師を務めており、今では選手を育てたいという気持ちも芽生えています。

(取材・文:FITNESS LOVE編集部 写真提供:サマースタイルアワード実行委員会)

続けてお読みください。
▶クリスマスの寂しさが日本一のキッカケとなった好青年


鶴巻孝浩(つるまき・たかひろ)
1985年5月15日生まれ。171cm、66kg(オン)74kg(オフ)。
主な入賞歴
2018年サマースタイルアワード名古屋スポーツモデル オーバーオール優勝
2018年サマースタイルアワードジャパンオープン(PRO)スポーツモデル ミドルクラス優勝
2020年フィットネススター関西大会スポーツモデル オーバーオール優勝
趣味:ファッション、バスフィッシング


 

大好評トップボディビルダーのビフォーアフター

 

ピックアップ記事

関連記事一覧