西川貴教、磨きをかけた筋肉美で『ベストボディジャパン日本大会』連覇!調整は蒸しパンケーキ⁉︎

西川貴教さんの鍛え上げた肉体美 ※タップして写真一覧を見る

 歌手の西川貴教さんが11月13日(土)、神奈・横須賀芸術劇場・大劇場で開催された世界初の年齢別ボディコンテスト『ベストボディ・ジャパン2021日本大会』にて、モデルジャパン部門ゴールドクラス(50歳~59歳)での連覇を果たした。オーバーオール戦では昨年のリベンジに挑んだが、総合グランプリは逃す結果となった。

【画像】西川貴教さんの鍛え上げた肉体美

 今大会1週間前、西川貴教さんは自身のTwitterでアイディア料理での調整法を明かしていた。

「日本大会まで1週間!食事も追い込みです!プロテイン1スクープに重曹を小さじ1、卵白とプロテインシェイク100mlを入れてレンジで2分蒸しパン風のプロテインケーキで調整します!」

この日のために横断幕を作って応援にきた西川さんのファン。大阪や新潟など全国から集まった。

 ステージに現れた西川さんは他選手を寄せ付けない筋量と、追い込みによりシェイプされた肉体を披露。会場は大いに盛り上がった。客席には『妖精』と書かれた団扇とオリジナルの横断幕を掲げて、応援するファンの姿もみられた。

 今大会は各地の予選大会で上位入賞を果たした791名の精鋭たちが、日本一の座を賭けたステージに臨み、レベルの高い闘いが繰り広げられた。西川さんのように連覇を果たす選手もいたが、多くのクラスで新チャンピオンが誕生し、競技の普及を感じさせた。

 一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会は、来年11月にベストボディ・ジャパン創立10周年記念大会としてワールドベストボディの開催を発表しており、さらなる盛り上がりに期待が高まる。

取材・撮影:FITNESS LOVE編集部

【画像】西川貴教さんの鍛え上げた肉体美

大好評!筋トレビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧