50歳を目前にデッドリフト250kgを引いたメーカ勤務のサラリーマン

宮島選手の250kgデッドリフト

11 月27 日(土)、28 日(日)新宿三角広場西WEST エリアにてマッスルゲートパワーコンテストが開催された。非公式大会ではあるが、自己ベスト更新の場として初心者からベテランまで幅広く参加。ここではデッドリフトコンペティション男子90kg以下級で優勝した宮島哲夫選手に7つの質問をした。来年には50歳になる宮島選手のデッドリフトのスタンスなどへのこだわりにご注目!

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

宮島哲夫選手

男子90kg以下級 優勝 記録:デッドリフト250kg

優勝の感想

他の階級と同じグループで、もっと高重量をクリアしている方がいたので、まさか優勝とは思っていませんでした。びっくりしました。

パワーコンテストに出場した理由

私はパワーリフターですが、デッドリフトが好きなので、デッドリフトだけのコンテストがあれば出ようと思っていました。

パワーコンテストまでの道のりには、どんなことがあったか

今通っているジムは青梅市のパーソナルジムですが、コロナ禍でもきちんと対策をとっており、私も基本的なことは守っているので、トレーニングには支障はありませんでした。競技でのデッドリフトはワイドスタンスでしたが、どうしてもナロースタンスでの今までの挙上重量を超えたいと思っていました。私はNSCAのライセンスを持っているので、下半身の強化や体幹の強化に効果的なトレーニング、弱い部分に的を絞ったトレーニングを考えながら取り入れ、あまり見かけない他ではやらないようなトレーニングを行ってきました。結果的に練習では、1年で30キロ伸びました。(3レップ、3セットの重量)

競技をすることで得られた変化
生活は特に変化はないですが、体形が特に背中が分厚くなりました。
普段の仕事と行っている競技の両立について

メーカ勤務のサラリーマンですが、平日は夜も遅く練習はなかな出来ず、週末にBIG3と補助トレーニング、ウェイトリフティングの要素を取り入れたトレーニング等を行っています。疲労が抜けないことも多いですが、今のジムは新しいことをどんどん取り入れさせて頂けるので、楽しんでトレーニングが出来ているので満足しています。

練習、食事に対するこだわり

練習は、伝統的なトレーニングだけにこだわらず、ウェイトリフティングの要素を取り入れたり、足りない筋力を強化するトレーニングであれば、バンドやバランスボールも使うことがあります。最後にBIG3で効果確認をしています。食事は体重の増減があまりない程度に気を付けています。食べたい物を食べていますが、脂質は摂り過ぎないように気を付けています。普段の食事はバランスが全く良くないので、プロテインでタンパク質を補ったり、野菜ジュースやカルシウム多めの牛乳は摂っています。サプリメントはマルチビタミンミネラルが基本です。サプリメントは補助食品なので、ベーシックな物しか摂っていません。

今後の目標(例:大会、身体、社会人としてなど)

来年は50代になりますので、パワーリフティングのM2クラスになります。全日本の標準は摂ったので頑張りたいと思います。

【関連記事】45kgの美ボディ女子がデッドリフト130kgを引き切った!モットーは「やると決めたら最後までやり抜く」

次ページでは宮島選手のデッドリフトの写真公開

パワーリフティング関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧