靭帯を完全断裂した元アメフト部がパワーコンテストで優勝

11 月27 日(土)、28 日(日)新宿三角広場西WEST エリアにてマッスルゲートパワーコンテストが開催された。非公式大会ではあるが、自己ベスト更新の場として初心者からベテランまで幅広く参加。初めて挑戦する選手も出場しやすいように開始前に質疑応答の時間を設けるなど、初心者も安心して出場できる工夫がなされた。ここではBIG3チャレンジの男子60kg以下級で優勝した松本雄貴選手に7つの質問をした。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

松本雄貴選手のベンチプレス

松本雄貴選手

男子60kg以下級 優勝 記録:スクワット155kg ベンチプレス115kg デッドリフト202.5kg トータル472.5kg

記事の最後に松本雄貴選手のベンチプレスを公開

優勝の感想

Total480kgを目指していたので記録に関しては少し悔しいですが、優勝できて副賞もたくさん貰えたのはとても嬉しかったです。

パワーコンテストに出場した理由

日程と開催場所に無理がない限り、公式・非公式に関わらずできるだけ多くの大会に出ようと思っていたからです。

パワーコンテストまでの道のりには、どんなことがあったか

9月末にアメフトの試合に出た際に左膝の内側側副靭帯の完全断裂と後十字靭帯の部分損傷というケガをしました。内側側副靭帯の縫合手術と約1週間の入院をして歩けるようになり、トレーニング再開には約1カ月かかりました。

競技をすることで得られた変化

明確な目標ができて、トレーニングが楽しくなりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

朝型人間なので、学校に行く前にジムに行って練習しています。

練習、食事に対するこだわり

練習も食事も楽しくやること。

今後の目標(例:大会、身体、社会人としてなど)

ジャパンクラシックパワーの59kg級の標準記録(480kg)を超えること。大学院修了後は中学校の教員として働く予定なので、教職員大会にも出てみたいです。

次ページ:松本雄貴選手のベンチプレス

ピックアップ記事

関連記事一覧