トータル215㎏成功!陸上日本選手権入賞者が堂々のパワーリフティングデビュー

牧 安里紗選手

11月27日(土)、28日(日)新宿三角広場西WESTエリアにてマッスルゲートパワーコンテストが開催された。非公式大会ではあるが、自己ベスト更新の場として初心者からベテランまで幅広く参加。ここでは、BIG3チェレンジがパワーリフティングデビュー戦で見事トータル215㎏を上げることに成功した牧 安里紗選手に7つの質問をしていこう。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

▶デビュー戦で見事215㎏上げることに成功した牧選手のデッドリフト写真あり

牧 安里紗選手

女子50kg以下級優勝 記録:スクワット67.5㎏、ベンチプレス47.5kg、デッドリフト100㎏=トータル215㎏

優勝の感想

今回がパワーリフティングデビュー戦でした。私の出場した階級は、私のみの出場でしたので優勝をいただいて良いのか若干複雑な気持ちでしたが嬉しかったです(笑)。

牧 安里紗選手

パワーコンテストに出場した理由

今の私の力がどんなものか試すために出場しました。

パワーコンテストまでの道のりには、どんなことがあったか

有難いことに練習場所に困ることはなく良い環境で練習をさせていただいてました。

競技をすることで得られた変化

変化は少し自分に自信がついて来た気がします。競技を始める前よりも楽しい、もっと強くなりたいという感情がさらに芽生えました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

練習は、いつも仕事の後に行っていますが、仕事の疲れもありますが練習をし始めると時間を忘れてしまうくらい練習に没頭してます(笑)。

練習、食事に対するこだわり

練習は、パワーリフティングジムのコーチにメニューを作成していただきメニューに沿って行っています。食事のこだわりはあまり無いですが、今日はめちゃくちゃ頑張ったっていう日にご褒美で好きな物を食べる時はあります(笑)。

今後の目標

目標はまず国体に出場することです。そして、走れるパワーリフターに。社会人としては、これからも無理なくパワーリフティングと両立して行えたらと思います。

▶次ページ:デビュー戦で見事215㎏上げることに成功した牧選手のデッドリフト写真あり

《パワーコンテスト》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧