ホットヨガで痩せず週5で筋トレにハマった会社員

今村菜摘子選手

筋肉美を披露【画僧】

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ダイエット目的で始めたホットヨガで痩せず、筋トレを始めたところ美ボディになった今村菜摘子選手がウーマンズレギンス163㎝以下級に出場した。ここでは今村選手に大会までの道のりを伺った。

【写真】筋肉美を披露

今村菜摘子選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。

「ダイエット目的でホットヨガを始めましたが、全然痩せなくて、併設のジムに通うようになりました」

――そこから大会出場を目指すように?

「トレーニングを始めて身体が変わっていき、いつか大会に出たいと思っていました。レギンス部門を知って、挑戦してみたいと思いました」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?

「週5で、肩・胸・背中・脚の4分割で、大会前は、このメニューに加え、週1のパーソナルトレーニングと朝の有酸素を行っていました」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。

「イメージ通りに身体を使えない自分の不甲斐なさを実感してばかりです。乗り越えてはいませんが、分からないところをクリアし、試行錯誤しながらトレーニングしていきたいと思っています」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?

「はい。自分の身体に自信を持てるようになり、ポジティブな思考になれたことです。また、多少の困難は乗り越えられる粘り強さが備わったことや、トレーニング以外のことを忘れられる時間ができたことです」

――普段から食事なども工夫していますか?

「はい。減量中はPFCの摂取をカロリーの記録アプリで管理していました。減量を助けるアイテムやメニューを探すことを楽しんでいます」

――大会に出場して得られたものはありますか?

「他の出場者とつながりを持てたことが一番良かったことです。大会後も刺激をもらっています。また、大会に出ることで身体の変化の成長スピードが上がったこと、減量で目標まで絞れる自信がついたことです。今後の課題がはっきりしました」

――最後に2022年の大会目標を教えてください。

「今後の大会出場に向けて、着実に成長していきます」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

【写真】筋肉美を披露

ピックアップ記事

関連記事一覧