筋トレ歴わずか5カ月で腹筋に溝が出現「筋トレの時間は自分へのご褒美」

男女世代別に2つのカテゴリーに分かれ、鍛えられ美しく磨かれた健康美を競い合うSuper Body Contest(SBC)。その開幕戦となる『Super Body Contest CHIBA 00』が3月13日(日)、千葉・青葉の森公園芸術文化ホールで開催された。今回ご紹介するのは、SBCとTRENDの2カテゴリーに挑戦した須永茜選手。腹筋にうっすらと入る溝が目につく須永選手ですが、なんと筋トレ歴はわずか5カ月だそう。ここでは、「筋トレの時間は自分へのご褒美」という須永選手が大会出場を目指すまでの軌跡を聞いていこう。

【写真】腹筋の溝をわずか5カ月で出現させた須永茜選手

――トレーニングを始めたきっかけは何だったのでしょうか?
「自分だけの時間が欲しかったから」

――そこからSBCへの出場を決めた理由は?
「トレーナーさんがSBCの選手をやっていて、大会出場に誘われたから」

――大会に出場した際の周囲からの反応はいかがでしたか?
「私は自分を見せたりアピールすることが苦手なので、みんな驚いていました」

――普段のトレーニングメニューを教えてください。
「脚・背中・肩・胸と分けて、毎日トレーナーさんが決めてくれます」

――トレーニングをしていて良かったことはありますか?
「自分だけの時間がもてるようになり、生活が楽しくなった」

――トレーニングをしていて辛かったこととそれを乗り越えた方法を教えてください。
「トレーニングの時間は自分のご褒美の時間なので、辛いと思ったことはありません」

――次の目標は?
「また出場したい」

取材:FITNESSLOVE編集部 撮影:中原義史

次ページ:腹筋の溝をわずか5カ月で出現させた須永茜選手

ピックアップ記事

関連記事一覧