四国のクラシックフィジーク王者が教えてくれたのは失敗を恐れないことの重要性

上田倫選手6月11日、愛媛・新居浜市市民文化センターで『マッスルゲート四国』が開催された。ここではクラシックフィジーク新人の部優勝、クラシックフィジーク175cm以下級2位、メンズフィジーク176cm以下級3位と3つのメダルを獲得した上田倫選手に話を聞いた。

【写真】上田倫選手の筋肉美

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

上田倫選手

ーーいつからトレーニングを始めましたか。
「高校生3年生の部活引退後です。部活動引退後に太りたくなくてはじめました」

ーー現在のトレーニングについて教えてください。
「背中→脚→肩、腕→胸→休みの繰り返しです。正しいフォームで対象の筋肉にしっかりと負荷が乗っているかを意識して種目を行います」

ーー自慢の部位はありますか?
「自慢できるほどではないですが、強いて言えば胸です。ベンチプレス、インクラインベンチプレス、ケーブルクロスオーバー、マシンペックフライをやっています。あまり変わったことはやっていません(笑)」

ーー栄養面でのこだわりは何でしょうか?
「炭水化物のみで摂取せずに、たんぱく質と同時に摂取すること。体重×2倍以上のたんぱく質を摂取することです。サプリメントはプロテイン、マルチビタミン、BCAAを摂ります」

ーートレーニングを始めてからの変化について教えてください。
「筋肉が付いたことによって自分に自信を持つことができました」

ーー減量とバルクアップについてはいかがでしょうか?
「減量で意識していることは脂質を抜きすぎないことと、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うことです。バルクアップについては、今までは好きな物を好きなだけ食べていましたが、今年からは無駄な脂肪を付け過ぎないようにしたいと思います」

ーー今後の目標を教えてください。
「自分にとってのカッコイイ身体を追求することです。今大会では反省点はたくさんあります。大会1か月半前のタイミングで思うように体脂肪が減っておらず、焦ってしまい摂取カロリーを減らしすぎてしまいました。またそのタイミングで有酸素運動を入れ始めたため、かなり筋肉量が減った感覚がありました。次に大会に出場する機会があれば計画的に減量を行いたいと思います。その他にも今回の大会で全体的な筋肉量やポージングなど改善すべき箇所がたくさん見つかりました」

ーー最後にこれから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
「初めての大会では、減量や調整など分からないことばかりで大会に出場した結果、上手く行かなかったたと感じる人がほとんどだと思います。それでも大会に出場する事で自分の弱点や課題などが見えてきて必ず次に繋がると思うので、失敗を恐れずに頑張っていただきたいです」

次ページ:上田倫選手の筋肉美

マッスルゲート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧