4度の出産後に筋トレを始めたアラフォーママがレギンス部門で優勝

片岡美香“誰でも参加できる”ボディコンテストの登竜門として大きな盛り上がりを見せている『マッスルゲート』。6月18日(土)には静岡・アクトシティ浜松中ホールにて『マッスルゲート浜松』が開催。初の浜松市での開催にもかかわらず、約220名ほどの選手がエントリーし盛り上がりをみせた。「ウーマンズレギンス」では新人163㎝以下級で片岡美香選手が優勝した。一昨年の2020年から、出産後の体型を悩んだことをきっかけにジムに入会した片岡選手。ジムに入会した当初の写真も公開する。

【写真】片岡美香選手の筋肉美

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

マッスルゲート浜松
ウーマンズレギンス 新人163㎝以下級 優勝
片岡美香選手

トレーニングを始める前の片岡選手

トレーニングを始める前の片岡選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「4度の出産で戻りきらない体重を減らしたい、体力をつけたいと思い、友人にジムを紹介してもらい2020年1月にジムに入会しました」

――普段のトレーニングメニューはどのように行っていますか?
「朝イチのウォーキング、胸、肩、背中、下半身のウエイトトレーニング、BODYCOMBATや、STRONGNATIONなどの有酸素スタジオレッスン。これを毎週やっています。トレーニング中はゆっくり、大きく、今どこに効いているかを意識しながらやります。有酸素スタジオレッスンは、とにかく楽しんでやります」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「子どもたちと遊んでも疲れないことや重い荷物でも持てること。また『かっこいい』と周りのママたちに言われることもうれしいです」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「トレーニング下手の私なので、効いているのかどうか分からなかったことや、筋肉痛が来ないことが不安でした。あとは、生理前後に全く体重が落ちなかったことも。やるべきことをやれば必ず結果がついてくると信じ、焦らずに絶対に諦めませんでした」

――仕事とトレーニングの両立はどうでしたか?
「仕事、4人の子どもたちの子育てに習い事の送迎、家事、トレーニングと、時間の確保に本当に苦労しています。早朝ウォーキングは登校の付き添いにあて、仕事のあと、学校幼稚園の間にトレーニング。塾の合間に再度ジムに行き有酸素。家族にも協力してもらいながら、大会直前は時間の工面に努めました」

――普段から食事なども工夫していますか?
「3食のメニューをしっかり計算して組みました。卵だとスクランブルや目玉焼きなど、調理方法をかえて、飽きないよう工夫しました。塩分もなるべく少なく、仕事にもお弁当を毎日持参しています」

――普段摂取しているサプリメントはありますか?
「コストコのHMB、汗の量が増えるので2年半ずっと愛飲しています。XTENDのBCAAレモンライム味、味がお気に入りです。水よりも飲みやすく、トレーニング中は必ずこれを飲みます。VALXのプロテイン、カフェオレ味、オレンジ味、ヨーグルト味、LYFTのプロテイン、アロエヨーグルト味など」

――減量中は何を意識しましたか?
「有酸素運動をしっかり行い、毎朝、体重計に乗ること。月経周期もしっかり把握するようにしていました」

――バルクアップについて意識したことはありますか?
「食べたからにはトレーニング量をしっかり増やすこと」

――次の大会の目標は?
「ゴールドジムジャパンカップでもいい成績を残したいです。そして新しくスポーツを始めたい」

――初めての大会で困ったことや不安だったことはありますか?
「トレーニング以外にいったい何をやるべきなのかが全くわからなかったこと。ポージングやカーボアップなど、具体的に何をどうしたらいいのか、これであっているこかどうか分からなかった」

――今回の大会での反省点はありますか?
「ステージ上でのポージング中に体が動いてしまっていたことを反省しています。ピシッと止まって決めれるよう練習します。また背筋が弱いことを知ったので、強化します。」

――これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
「夫に、MUSCLEGATEはとても温もりがある大会だね、と言われました。控え室や舞台袖の雰囲気もとても和やかだったので、大会に初挑戦する方におすすめです。」

次のページ:片岡美香選手の筋肉美

ピックアップ記事

関連記事一覧