• HOME
  • 記事
  • コンテスト情報
  • 【JBBF】大混戦のマスターズで42歳の新王者が誕生=9月18日オールジャパン マスターズメンズフィジーク結果

【JBBF】大混戦のマスターズで42歳の新王者が誕生=9月18日オールジャパン マスターズメンズフィジーク結果

大島健一郎選手9月18日(日)、神奈川県・茅ヶ崎市民文化会館で公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップス」が開催され、メンズフィジークのオーバーオール(総合優勝)を制したのは、大島健一郎選手(42)。2019年の世界マスターズ王者・田村宜丈選手(50)などの実力者を抑え、11月にスペインで開催される世界選手権への切符を掴んだ。

【写真】大島選手の整った筋肉ボディ!ボコボコ腹筋も見える全身写真

本大会のメンズフィジークには、総勢102名の選手がエントリー。40歳以上の選手が4クラスに分かれ、世界選手権代表の座をかけて各クラス大混戦の戦いとなった。■各クラス優勝者・40歳以上~49歳172㎝以下級優勝/関口貴夫選手・40歳以上~49歳172㎝超級優勝/大島健一郎選手・50歳以上~172㎝以下級優勝/田村宜丈選手・50歳以上~172㎝超級優勝/大浦信浩選手

取材:FITNESSLOVE  撮影:中島康介

ピックアップ記事

関連記事一覧