観客席から「おしりの筋肉がすごい」と聞こえるほどの筋量をみせたボディフィットネス女王の後ろ姿

9月18日、神奈川県・茅ヶ崎市民会館で公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催「オールジャパンマスターズフィットネスチャンピオンシップス2022」が開催された。本大会は今年10月に韓国栄州市にて行われる「世界フィットネス選手権」のA代表(航空運賃、宿泊費などが連盟負担で国際大会へ出場できる)の選考を兼ねて、オーバーオール審査を実施。

【写真】大谷美咲選手のおしりの筋肉。女王の研ぎ澄まされた曲線美

大谷選手は昨年のボディフィットネスのオーバーオール優勝を決める「JBBF FITNESS JAPAN GRAND CHAMPIONSHIPS 2021」で見事頂点に立ち、今大会は優勝筆頭というプレッシャーの中、35歳〜44歳160cm以下級とオーバーオールで見事優勝を果たした。

予選審査で大谷選手がステージに立つと「大谷選手のおしりの筋肉がすごい」「大谷選手圧倒的」などの声が聞こえるほどだった。

大谷選手に優勝を振り返ってもらうとプレッシャーから解放された女王の姿があった。

「まずはホッとしています。ボディフィットネス全体のレベルが上がっているのを実感していて、みなさんの進化が素晴らしかったので、とりあえず安心しました」

大谷選手は明日19日に同会場で開催される身長別の日本一決定戦「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス2022」での連覇を狙う。

各階級優勝者は以下の通り

◼︎55歳以上級
長島雅子

◼︎45〜54歳160cm以下級
渡利寛子

◼︎45〜54歳160cm超級
齋藤優子

◼︎35〜44歳160cm以下級
大谷美咲

◼︎35〜44歳160cm超級
安田千秋

次ページ:大谷美咲選手のおしりの筋肉。女王の研ぎ澄まされた曲線美

取材:FITNESS LOVE編集部

ボディフィットネス関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧