アルバイト先の店長に勧められて筋トレスタート。1年半で優勝ボディを作り上げたトレーニング法

友田碧空選手10月23日(日)、愛知県・名古屋市芸術創造センターにて『マッスルゲート愛知』が開催され、クラシックフィジーク大学生の部で友田碧空選手が優勝した。アルバイト先の店長に勧められて筋トレを開始し、1年半で優勝ボディを作り上げた友田選手のトレーニング法とは?

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

【写真】友田選手の鍛え上げた肉体

──いつごろからトレーニングを始めましたか?
「大学生になってからです。本格的にトレーニングを始めたのは1年半ほど前になります。アルバイト先の店長がトレーニングをしていて勧められた影響で始めました」

──大会にはなぜ?
「元々、大会に興味があったのと、自分の今の実力を知りたかったからです」

──現在のトレーニング内容を教えてください。
「胸、背中、肩、腕、大腿四頭筋、臀部・ハムストリングス・カーフ、オフのサイクルで行っています」

──学業との両立はいかがでしょうか。
「時間があるときに課題などは一気に終わらせてトレーニングする時間を確保するようにしています」

──栄養面でのこだわりはありますか?
「炭水化物、タンパク質、脂質をバランスよく摂ることです。またさまざまな食材からタンパク質を取るように心がけています。サプリメントはマルチビタミン、BCAA、グルタミン、クレアチンは必ず摂るようにしています。また、なるべく国産のものを摂るようにしています」

──初出場ということで大変だったことはありますか?
「初めてだったのでポージング練習に力を入れました。特に私の出場したカテゴリーではバキュームポーズが重要視されるためその練習は毎日欠かさず練習しました」

──最後に大会出場を目指す読者に一言お願いします。
「大会に出場することによって得られるものは沢山あります。なので大会に出るか迷っている方はとりあえず出てみることをお勧めします」

次ページ:友田選手の鍛え上げた肉体

ピックアップ記事

関連記事一覧